「歳時記学」の発行

歳時記は自然、人文、社会などさまざまな分野にわたる学際的な対象であるため、今まで学問の研究対象から抜け落ちてきました。季語歳研究の場として機関誌「歳時記学」(2008年創刊)を毎年、発行しています。正会員には無料でお送りします。


 

「歳時記学」創刊にあたって

季語と歳時記の会代表 長谷川櫂

 歳時記は日本人の季節感とそれを土台にした生活・文化の結晶です。それは季節を手引きにした日本独特の百科全書であるばかりでなく、この緑豊かな島国の人々が大古の昔からいくつもの異質な外来文化を受け入れ、選び取り、作り変えてきた「和の文化」の賜物でもあります。
しかしながら、その内容が天文、気象、暦、地理、海洋、民俗、産業、動物、植物など、さまざまな分野にわたるため、これまで学問と学問の間に技け落ちて正面から研究の対象とされることがほとんどありませんでした。
このため、歳時記という宝庫は今なお手つかずのまま眠っている状態です。これは俳句や俳人にとってだけでなく、「日本の文化とは何か」を探求するうえで、まことに惜しいことといわなくてはなりません。
そこで「季語と歳時記の会」は昨年春の発足にあたって「歳時記学の構築」を活動の一つの柱に立て、学際的な雑誌発刊の準備を進めてきました。その結果、ここに「歳時記学」剖刊号をお届けできることになりました。
ささやかではありますが、「歳時記学」を活発な歳時記研究のひとつの場としていただければ幸いです。


「歳時記学」のバックナンバーの購読を希望される方は、「季語歳ショップ」でご購入ください。振込料は、申込者の負担となりますが、送料は必要ありません。創刊号から3号まで、いずれも1冊1,500円です。

*第7号(2015/4/30発行/1500円、送料込み)
特集 「恋する二月」
恋の歌百首選           岡野 弘彦
恋百句              高橋睦郎選
近代ヨーロッパとチョコレート   武田 尚子
百貨店における季節の提案     川島 蓉子
恋する二月            長谷川 櫂

日本の暦 2015年版  季語と歳時記の会・編
——-
*第6号(2013/12/31発行/1500円、送料込み)
特集 「季節のことば」と二十四節気
暦の記憶  宇多喜代子
旧暦に遊ぶ  西村和子
「季節のことば」を読む  藤英樹、飛岡光枝
「二十四節気ひとこと解説」を読む  藤原智子
ズレが育んだ日本文化  長谷川櫂
日本の暦 2014年版  季語と歳時記の会・編

——-

*第5号(2012/12/31発行/1500円、送料込み)
特集 禊と祓
日本人の禊と祓  山折哲雄
王朝の「はらへ」と「みそぎ」  山本淳子
みそぎの和歌  谷 知子
祗園祭における禊  中村 汀
日本の暦(2013年1月-12月)季語と歳時記の会・編

——-

*第4号(2011/1/31発行/1500円、送料込み)
チェンバレンの俳諧論と日本像  芳賀 徹
鮨か鮓か鮓か  日比野光敏
鮒鮨  中井汰浪
日本の暦(2012年1月-12月)季語と歳時記の会・編

——-

*第3号(2011/1/31発行/1500円、送料込み)
韓国歳時記への試み  山口禮子(ソウル俳句会主宰)
韓国歳時記(1~57)  山口禮子
韓国の詩歌        王 淑英(韓国・インハ大学文学部教授)
季語再考         五島高資(俳句スクエア主宰)
日本の暦(2011年1月-12月)季語と歳時記の会・編

——-

*第2号(2010/1/1発行/1500円、送料込み)
俳句(ヨコかタテか) 山折哲雄(宗教学者)
雲のメカニズム    平沼洋司(元気象庁予報官)
江戸の朝顔      平野 恵(台東区立中央図書館)
明治改暦(グレゴリオ暦導入をめぐって)  川和田晶子(国立民族学博物館)
日本の暦(2010年1月-12月)季語と歳時記の会・編

——-

*創刊号(2009/3/31発行/1500円、送料込み)
桜と梅   中西進(奈良県立万葉文化館館長)
季語と暦  岡田芳朗(暦の会会長)
玉虫の話  芹澤七郎(玉虫研究所主宰)
餅と歳時記 中山圭子(虎屋文庫研究主幹)
日本の暦(2009年4月~2010年3月)季語と歳時記の会・編