長谷川 櫂(代表)
1954年生まれ。『俳句の宇宙』でサントリー学芸賞、句集『虚空』で読売文学賞。著書に『古池に蛙は飛びこんだか』など。東海大学文学部特任教授。朝日俳壇選者。
プライベートサイト「KAI」
西川遊歩(副代表)
1948年埼玉県生まれ。ガイドブック『地球の歩き方』の創刊メンバーのひとり。編集長、代表などを歴任、旅行経験豊かな旅行情報&市場の専門家。
小山正見(副代表)
1948年生まれ。日本学校俳句研究会代表。教育現場における俳句づくりの指導、研究の第一人者。著書に『楽しい俳句の授業アイデア50』。
宇多喜代子(理事)
1935年生まれ。俳誌「獅林」を経て「草苑」にて桂信子に師事。現在は「草樹」会員。蛇笏賞、詩歌文学館賞等受賞。句集に『りらの木』『象』『記憶』他。文集に『田んぼのまわりで』『ひとたばの手紙から』他。
大木あまり(理事)
1941年東京目白生まれ。句集に『山の夢』『火のいろに』『火球』『星涼』(2011年読売文学賞)。「星の木」同人。
福島光加(理事)
1946年 東京生まれ。1960年草月流入門。世界40カ国以上でいけばなの指導に当たる。潮出版ノンフィクション賞など。草月流師範会理事 草月財団理事。
オフィシャルサイト「KOKA NOTE」
高田正子(理事)
1959年岐阜県生まれ。90年「藍生」創刊と同時に参加。句集に『玩具』『花実』(第29回俳人協会新人賞) 『青麗』(第3回星野立子賞)著書に『子どもの一句』。
藤英樹(理事)
1959年東京・練馬区生まれ。東京新聞(中日新聞)記者。
趙栄順(理事)
1955年東京都大田区生まれ。同人誌『鳳仙花』編集長。著書『日本の友への手紙』『鳳仙花、咲いた』。恋の俳句大賞選者
山本新(理事)
1967年生まれ。東京都新島出身。日本学校俳句研究会幹事長。足立区立千寿小学校勤務。
北側松太(理事)
1950年新潟県生まれ。
飛岡光枝(理事)
1957年生まれ。「カフェきごさい」店長。朝日カルチャーセンター「句会入門」講師。『こども歳時記』の編集に携わる。句集に『白玉』。
川村玲子(監事)
1948年長崎県生まれ。
岩井善子(幹事)
1949年横浜市生まれ。華道池坊教授。句集に『春炉』。
葛西美津子(スタッフ)
1956年 東京・中野区生まれ
萬燈ゆき(スタッフ)
1958年生まれ
藤原智子(スタッフ)
1976年大阪府生まれ。
大塚哲也(スタッフ)
1981年西東京市生まれ。
森永尚子(スタッフ)