句集別加藤楸邨100句  岩井善子選

デジタル句集

俳句 季語 出典
はしりきて二つの畦火相博てる 畑焼く 寒雷
かなしめば鵙金色の日を負ひ来 寒雷
枯れゆけばおのれ光りぬ枯木みな 枯木 寒雷
蟻殺すわれを三人の子に見られぬ 寒雷
道問へば露地に裸子充満す 寒雷
鰯雲人に告ぐべきことならず 鰯雲 寒雷
さむきわが影とゆき逢ふ街の角 寒し 寒雷
寒雷やびりりびりりと真夜の玻璃 寒雷 寒雷
長き長き春暁の貨車なつかしき 春曉 寒雷
蟇誰かものいへ声かぎり 颱風眼
蝸牛いつか哀歓を子はかくす 蝸牛 颱風眼
白地着てこの郷愁の何処よりぞ 白絣 颱風眼
炎天下くらくらと笑わききしが 炎天 颱風眼
蚊帳出づる地獄の顔に秋の風 秋風 颱風眼
灯を消すやこころ崖なす月の前 颱風眼
山蟹のさばしる赤さ見たりけり 穂高
本売りて一盞さむし春灯下 春灯 穂高
さえざえと雪後の天の怒濤かな 雪後の天
春愁やくらりと海月くつがへる 春愁 雪後の天
春寒く海女にもの問ふ渚かな 春寒 雪後の天
牧の牛濡れて春星満つるかな 春星 雪後の天
鳥雲に隠岐の駄菓子のなつかしき 鳥雲に入る 雪後の天
春田打つかそかな音の海士郡 春田 雪後の天
隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 木の芽 雪後の天
春陰や巌にかへりし海士が墓 春陰 雪後の天
牡丹の芽炎となりし怒濤かな 牡丹の芽 雪後の天
十二月八日の霜の屋根幾万 雪後の天
生きてあれ冬の北斗の柄の下に 冬北斗 雪後の天
毛糸編はじまり妻の黙はじまる 毛糸編む 火の記憶
燕はやかへりて山河音もなし 燕帰る 火の記憶
子がかへり一寒燈の座が満ちぬ 寒燈 火の記憶
冴えかへるもののひとつに夜の鼻 冴返る 火の記憶
火の奧に牡丹崩るるさまを見つ 牡丹 火の記憶
九十九里の一天曇り曼珠沙華 曼珠沙華 野哭
雉子の眸のかうかうとして売られけり 野哭
飴なめて流離悴むこともなし 悴む 野哭
死ねば野分生きてゐしかば争へり 野分 野哭
凩や焦土の金庫吹き鳴らす 野哭
死や霜の六尺の土あれば足る 野哭
天の川怒濤のごとし人の死へ 天の川 野哭
炎昼の女体のふかさはかられず 炎昼 野哭
鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる 鮟鱇 起伏
蜥蜴交るくるりくるりと音もなく 蜥蜴 起伏
猫と生れ人間と生れ露に歩す 起伏
木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ 木の葉 起伏
霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 霜夜 起伏
黴の中言葉となればもう古し 山脈
税吏汗し教師金なし笑ひあふ 山脈
チンドン屋枯野といへど足をどる 枯野 山脈
落葉松はいつめざめても雪降りをり 山脈
しづかなる力満ちゆきばつたとぶ 飛蝗 山脈
玉虫はおのが光の中に死にき 玉虫 山脈
春の暮暗渠に水のひかり入る 春の暮 山脈
原爆図唖々と口あく寒鴉 寒鴉 まぼろしの鹿
大き茶碗よわが鼻入れて冬温し 冬暖 まぼろしの鹿
掌にありて遠くはるかに春の貝 まぼろしの鹿
墓二三桜と光る深田打ち 田打 まぼろしの鹿
夜の椿果肉のごとき重さもつ 椿 まぼろしの鹿
恋猫の皿舐めてすぐ鳴きにゆく 猫の恋 まぼろしの鹿
力尽きたる色独楽の色わかれゆく 独楽 まぼろしの鹿
つぎつぎに子ら家を去り鏡餅 鏡餅 まぼろしの鹿
花を拾へばはなびらとなり沙羅双樹 沙羅双樹 まぼろしの鹿
まぼろしの鹿はしぐるるばかりかな 時雨 まぼろしの鹿
葱きざむこの音とわが四十年 まぼろしの鹿
霧にひらいてもののはじめの穴ひとつ 吹越
はこふぐの負ひて生きたる箱のさま 河豚 吹越
青虫のひたゆくは言持たぬため 青虫 吹越
きらきらと目だけが死なず鬼やんま 鬼やんま 吹越
湯に透きて寒九の臍ののびちぢみ 寒の内 吹越
口見えて世のはじまりの燕の子 子燕 吹越
水を出て白桃はその重さ持つ 吹越
いなびかり女体に声が充満す 稲妻 吹越
おぼろ夜のかたまりとしてものおもふ 朧夜 吹越
鬼おこぜ石にあらずと動きけり 鬼おこぜ 吹越
バビロンに生きて糞ころがしは押す 黄金虫 吹越
チグリスのうつつの蛙鳴きにけり 吹越
ぽこぽこと暗渠出できし茄子の馬 茄子の馬 吹越
吹越に大きな耳の兎かな 吹越
おぼろ夜の鬼なつかしや大江山 朧夜 怒濤
ありまきの雌だけの国あをあをと 蟻巻 怒濤
こぼれねば花とはなれず雪やなぎ 雪柳 怒濤
降りだして雪あたたかき手毬唄 手毬 怒濤
牡蠣の口もし開かば月さし入らむ 牡蠣 怒濤
牡丹の奥に怒濤怒濤の奥に牡丹 牡丹 怒濤
ふくろふに真紅の手毬つかれをり ふくろう 怒濤
天の川わたるお多福豆一列 天の川 怒濤
たそがれや蹠はなれし瓜の種 怒濤
つながれてゐて風船の土を打つ 風船 怒濤
朧にて昨日の前を歩きをり 怒濤
霜柱どの一本もめざめをり 霜柱 怒濤
どこまでも丸き冬日とあんこ玉 冬日 雪起し
百代の過客しんがりに猫の子も 猫の仔 雪起し
羽抜鶏目玉ふたつの夕焼くる 羽抜鶏 雪起し
風鈴とたそがれてゐしひとりかな 風鈴 望岳
目ひらけば母胎はみどり雪解谿 雪解 望岳
双六の母に客来てばかりをり 双六 望岳
日本語をはなれし蝶のハヒフヘホ 死の塔
熱沙上力尽きたる河は消ゆ 夏の河 死の塔
熱風や土より湧きし仏陀の顔 熱風 死の塔
千年の泉ごぼりとたなごころ 死の塔