【春】
◇時候
_少年や六十年後の春の如し 永田耕衣『闌位』
春の暮_いづかたも水行く途中春の暮 永田耕衣『驢鳴集』
麗か_うららかや一度は死にし人ばかり 中川宋淵『命篇』
日永_永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男『芝不器男句集』
遅日_遅き日のつもりて遠き昔かな 蕪村『自筆句帳』
行く春_行春を近江の人とをしみける 芭蕉『猿蓑』
◇天文
春の日_大いなる春日の翼垂れてあり 鈴木花蓑『鈴木花蓑句集』
春の月_水の地球少しはなれて春の月 正木ゆう子『静かな水』
_おぼろ夜のかたまりとしてものおもふ 加藤楸邨『吹越』
春雨_はるさめやぬけ出たまゝの夜着の穴 丈草『丈草発句集』
_春なれや名もなき山の薄霞 芭蕉『野ざらし紀行』
◇地理
春の水_春の水山なき国を流れけり  蕪村『俳諧新選』
雪解_雪解川名山けづる響かな 前田普羅『普羅句集』
◇生活
雛祭_草の戸も住み替る代ぞ雛の家 芭蕉『奥の細道』 
草餅_両の手に桃とさくらや草の餅 芭蕉『桃の実』
茶摘_山門を出れば日本ぞ茶摘うた 菊舎『手折菊』
_凧きのふの空のありどころ 蕪村『蕪村句集』
風車_風車まはり消えたる五色かな 鈴木花蓑『鈴木花蓑句集』
石鹸玉_向う家にかゞやき入りぬ石鹸玉 芝不器男『不器男全句集』
鞦韆_ふらここや花を洩れ来るわらひ声 嘯山『葎亭句集』
春眠_金の輪の春の眠りに入りけり 高浜虚子『虚子全集』
花衣_花衣ぬぐやまつはる紐いろく 杉田久女『杉田久女句集』
桜餅_さくら餅食ふやみやこのぬくき雨 飯田蛇笏『山廬集』
遠足_遠足の列大丸の中とおる 田川飛旅子『花文字』
野焼く_古き世の火の色うごく野焼きかな 飯田蛇笏『山廬集』
田打_生きかはり死にかはりして打つ田かな 村上鬼城『定本鬼城句集』
◇行事
お水取り_水とりや氷の僧の沓の音 芭蕉『野ざらし紀行』
涅槃会_涅槃会や花も涙をそそぐやと 素堂『かくれざと』
仏生会_灌仏の日に生れあふ鹿の子哉 芭蕉『笈の小文』
西行忌_花あれば西行の日と思ふべし 角川源義『西行の日』
◇動物
猫の恋_うらやまし思ひきる時猫の恋 越人『猿蓑』
_古池や蛙飛びこむ水の音 芭蕉『蛙合』
_鶯や下駄の歯につく小田の土 凡兆『猿蓑』
_雉子の眸のかうかうとして売られけり 加藤楸邨『野哭』
雲雀_雲雀落ち天に金粉残りけり 平井照敏『猫町』
_つばめつばめ泥が好きなる燕かな 細見綾子『桃は八重』
鳥雲に入る_引鶴の天地を引きてゆきにけり 平井照敏『天上大風』
_囀りをこぼさじと抱く大樹かな 星野立子『鎌倉』
白魚_曙や白魚白きこと一寸 芭蕉『野ざらし紀行』
_高々と蝶こゆる谷の深さかな 原石鼎『花影』
◇植物
_白梅のあと紅梅の深空あり 飯田龍太『山の木』
_さまざまの事思ひ出す桜かな 芭蕉『笈の小文』
木の芽_大寺を包みてわめく木の芽かな 高浜虚子『五百句』
_八九間空で雨降る柳かな 芭蕉『木枯』
菜の花_菜の花や月は東に日は西に 蕪村『続明烏』
_山路来て何やらゆかしすみれ草 芭蕉『野ざらし紀行』
蒲公英_たんぽぽや日はいつまでも大空に 中村汀女『汀女句集』
【夏】
◇時候
立夏_プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷『病鴈』
暑し_石も木も眼に光る暑さかな 去来『泊船集』
涼し_涼しさやほの三か月の羽黒山 芭蕉『奥の細道』
◇天文
雲の峰_雲の峰いくつ崩れて月の山 芭蕉『花摘』
夏の月_市中は物のにほいや夏の月 凡兆『猿蓑』
梅雨_ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子『女身』
五月雨_湖の水まさりけり五月雨 去来『曠野』
日盛_日盛りに蝶の触れ合ふ音すなり 松瀬青々『松苗』
◇地理
夏野_たてよこに富士伸びてゐる夏野かな 桂信子『樹影』
夏の川_夏河を越すうれしさよ手に草履 蕪村『蕪村句集』
_泉への道後れゆく安けさよ 石田波郷『春嵐』
_滝の上に水現れて落ちにけり 後藤夜半『翠黛』
◇生活
鯉幟_風吹けば来るや隣の鯉幟 高浜虚子『新歳時記 高浜虚子編』
菖蒲湯_さうぶ湯やさうぶ寄くる乳のあたり 白雄『白雄句集』
更衣_越後屋に衣さく音や更衣 其角『浮世の北』
_羅をゆるやかに着て崩れざる 松本たかし『松本たかし句集』
柏餅_柏餅古葉を出づる白さかな 渡辺水巴『渡辺水巴句集』
_文もなく口上もなし粽五把 嵐雪『炭俵』
_鮒ずしや彦根が城に雲かかる 蕪村『蕪村句集』
浴衣_雑巾となるまではわが古浴衣 加藤楸邨『まぼろしの鹿』
蚊帳_つりそめて水草の香の蚊帳かな 飯田蛇笏『山響集』
団扇_月にえをさしたらばよき団哉 宋鑑『俳諧初学抄』
風鈴_風鈴のもつるるほどに涼しけれ 中村汀女『汀女句集』
田植_田一枚植て立去る柳かな 芭蕉『奥の細道』
早乙女_早乙女やよごれぬものは歌ばかり 来山『破暁集』
心太_ところてん煙のごとく沈みをり 日野草城『花氷』
新茶_宇治に似て山なつかしき新茶かな 支考『梟日記』
◇行事
_神田川祭の中をながれけり 久保田万太郎『道芝』
祗園会_祇園会や真葛が原の風かほる 蕪村『蕪村句集』
◇動物
時鳥_ほととぎす大竹藪を漏る月夜 芭蕉『嵯峨日記』
_飛ぶ鮎の底に雲ゆく流れかな 鬼貫『鬼貫句選』
初鰹_目には青葉山郭公初鰹 素堂『江戸新道』
_閑かさや岩にしみ入る蝉の声 芭蕉『おくのほそ道』
_おおかみに蛍が一つ付いていた 金子兜太『東国抄』
_蟻の道雲の峰よりつづきけん 一茶『おらが春』
金魚_あるときの我をよぎれる金魚かな 中村汀女『汀女句集』
_蚊柱に夢の浮橋かかるなり 其角『葛の松原』
◇植物
牡丹_牡丹散つてうちかさなりぬ二三片 蕪村『付合小鏡』
百日紅_さるすべり美しかりし与謝郡 森澄雄『游方』
若葉_不二ひとつうづみ残してわかばかな 蕪村『蕪村句集』
万緑_万緑の中や吾子の歯生え初むる 中村草田男『火の島』
【秋】
◇時候
立秋_秋立つや川瀬にまじる風の音 飯田蛇笏『山廬集』
秋の暮_秋の暮大魚の骨を海が引く 西東三鬼『変身』
夜長_長き夜の苦しみを解き給ひしや 稲畑汀子『汀子第二句集』
冷やか_冷やかに人住める地の起伏あり 飯田蛇笏『心像』
秋深し_秋深き隣は何をする人ぞ  芭蕉『笈日記』
行く秋_天広く地ひろく秋もゆく秋ぞ 一茶『たびしうゐ』
◇天文
_鎖あけて月さし入れよ浮御堂  芭蕉『笈日記』
名月_十五夜の雲のあそびてかぎりなし 後藤夜半『青き獅子』
良夜_我庭の良夜の薄湧く如し 松本たかし『野守』
十六夜_十六夜はわづかに闇の初哉 芭蕉『続猿蓑』
後の月_のちの月葡萄に核のくもりかな 成美『成美家集』
天の川_荒海や佐渡に横たふ天の川 芭蕉『奥の細道』
秋風_秋風やしらきの弓に弦はらん 去来『曠野』
野分_大いなるものが過ぎ行く野分かな 高濱虚子『五百句』
稲妻_稲づまや浪もてゆへる秋津しま 蕪村『蕪村自筆句帳』
_霧にひらいてもののはじめの穴ひとつ 加藤楸邨『吹越』
_芋の露連山影を正しうす 飯田蛇笏『山廬集』
◇生活
七夕_七夕竹惜命の文字隠れなし 石田波郷『惜命』
新米_新米もまだ艸の実の匂哉 蕪村『落日庵句集』
新藁_新わらにふはりふはりと寝楽かな 一茶『七番日記』
衣被_今生の今が倖せ衣被 鈴木真砂女『都鳥』
枝豆_枝豆が白河越えて秋深し『七十句』
相撲_やはらかに人分け行くや勝相撲 几董『井華集』
◇行事
魂祭_数ならぬ身とな思ひそ玉祭り 一茶『有磯海』
大文字_大文字やあふみの空もたゞならね 蕪村『蕪村句集』
◇動物
_雁や残るものみな美しき 石田波郷『病雁』
蜻蛉_とどまればあたりにふゆる蜻蛉かな 中村汀女『汀女句集』
蟋蟀_蟋蟀が深き地中を覗き込む 山口誓子『七曜』
◇植物
木槿_道のべの木槿は馬に食はれけり 芭蕉『野ざらし紀行』
_中年や遠くみのれる夜の桃 西東三鬼『夜の桃』
朝顔_朝がほや一輪深き淵のいろ 蕪村『蕪村句集』
_菊の香や奈良には古き仏達 芭蕉『杉風宛書簡』
_をりとりてはらりとおもきすゝきかな 飯田蛇笏『蛇笏俳句選集』
桐一葉_桐一葉日当りながら落ちにけり 高浜虚子『虚子全集』
_白露もこぼさぬ萩のうねりかな 芭蕉『真蹟自画賛』
葛の花_あなたなる夜雨の葛のあなたかな 芝不器男『不器男句集』
【冬】
◇時候
小春_白雲のうしろはるけき小春かな 飯田龍太『遅速』
冬至_山国の虚空日わたる冬至かな 飯田蛇笏『山廬集』
一月_一月の川一月の谷の中  飯田龍太『春の道』
短日_人間は管より成れる日短 川崎展宏『観音』
寒し_くれなゐの色を見てゐる寒さかな 細見綾子『冬薔薇』
◇天文
冬の日_大仏の冬日は山に移りけり 星野立子『立子句集』
_凩の果はありけり海の音 言水『新撰都曲』
時雨_天地の間にほろと時雨かな 高浜虚子『六百句』
_いざ子どもはしりありかむ玉霰 芭蕉『智周発句集』
_霜強し蓮華と開く八ヶ嶽 前田普羅『東京日日新聞』
_降る雪や明治は遠くなりにけり 中村草田男『長子』
_淋しさの底ぬけてふるみぞれかな 丈草『篇突』
◇地理
枯野_旅に病で夢は枯野をかけ廻る 芭蕉『笈日記』
◇生活
冬籠_冬ごもり五車の反古のあるじかな 召波『五車反古』
湯豆腐_湯豆腐やいのちのはてのうすあかり 久保田万太郎『久保田万太郎全句集』
竹馬_竹馬やいろはにほへとちりぢりに 久保田万太郎『道芝』
埋火_うづみ火や終には煮ゆる鍋のもの 蕪村『鏡の華』
_大榾をかへせば裏は一面火 高野素十『初鴉』
炬燵_つくづくと物のはじまる火燵かな 鬼貫『鬼貫句選』
柚子湯_白々と女沈める柚子湯かな 日野草城『花氷』
追儺_姿ある鬼あはれなり鬼やらひ 三橋敏雄『畳の上』
◇動物
_鷹一つ見付けてうれし伊良古崎 芭蕉『笈の小文』
千鳥_ありあけの月をこぼるゝ千鳥かな 飯田蛇笏『山廬集』
鮟鱇_鮟鱇の骨まで凍ててぶちきらる 加藤楸邨『起伏』
海鼠_生きながら一つに氷る海鼠かな 芭蕉『続別座敷』
鴛鴦_こがらしや日に日に鴛鴦のうつくしき 士朗『枇杷園句集』
水鳥_鳥どもも寝入つてゐるか余吾の海 路通『猿蓑』
◇植物
枯木_赤く見え青くも見ゆる枯木かな 松本たかし『松本たかし句集』
_夢の世に葱を作りて寂しさよ 永田耕衣『驢鳴集』
帰り花_日に消えて又現れぬ帰り花 高浜虚子『虚子全集』
山茶花_山茶花やいくさに敗れたる国の 日野草城『旦暮』
龍の玉_竜の玉深く蔵すといふことを 高浜虚子『虚子全集』
【暮・新年】
◇時候
行く年_船のやうに年逝く人をこぼしつつ 矢島渚男『船のやうに』
去年今年_去年今年貫く棒の如きもの 高濱虚子『六百五十句』
初春_目出度さもちう位なりおらが春 一茶『おらが春』
元日_元日や神代のことも思はるゝ 守武『真蹟』
◇天文
初空_初空や大悪人虚子の頭上に 高濱虚子『ホトトギス』
初日_大空のせましと匂ふ初日かな 鳳朗 『鳳朗発句集』
◇生活
雑煮_神ごころりんと雑煮にむかふ時 来山『続今宮草』
七種_七草や兄弟の子の起きそろひ 太祇『太祇句選後編』 
御慶_長松が親の名で来る御慶かな 野坡『炭俵』
蓬莱_蓬莱に聞ばや伊勢の初便 芭蕉『炭俵』
屠蘇_指につくとそも一日匂ひけり 梅室『梅室家集』
初夢_はつ夢や正しく去年の放し亀 言水『柏崎』
万歳_万歳の踏かためてや京の土 蕪村『落日庵句集』
餅花_餅花のなだれんとして宙にあり 栗生純生『山路笛』
◇行事
藪入_やぶ入の寐るや一人の親の側 太祇『太祇句選』
◇動物
嫁が君_明くる夜もほのかに嬉しよめが君 其角『七瀬川』
◇植物
福寿草_日の障子太鼓の如し福寿草 松本たかし『松本たかし句集』