季語別「蕪村句集」(868句)

デジタル句集

三春・時候 折釘に烏帽子かけたり春の宿
宵の春 三春・時候 筋違にふとん敷きたり宵の春
    肘白き僧のかり寝や宵の春
    公達に狐化けたり宵の春
春の夜 三春・時候 春の夜に尊き御所を守身かな
    春の夜や宵あけぼのゝ其中に
春の暮 三春・時候 にほひある衣も畳まず春の暮
    誰ためのひくき枕ぞはるのくれ
    閉帳の錦たれたり春の夕(くれ)
    うたゝ寝のさむれば春の日くれたり
    春の夕(くれ)たえなむとする香をつぐ
遅日 三春・時候 遅き日のつもりて遠きむかしかな
三春・天文 草霞み水に声なき日ぐれ哉
    指南車を胡地に引去ル霞哉
    高麗船のよらで過行霞かな
春の雨 三春・天文 物種の袋ぬらしつ春のあめ
    滝口に燈を呼ぶ声や春の雨
    ぬはな生ふ池の水かさや春の雨
    柴漬の沈みもやらで春の雨
春の月 三春・天文 春月や印金堂の木の間より
春の風 三春・天文 曙のむらさきの幕や春の風
    野ばかまの法師が旅や春のかぜ
    片町にさらさ染むるや春の風
春雨 三春・天文 春雨や人住ミて煙壁を洩る
    春雨や身にふる頭巾着たりけり
    春雨や小磯の小貝ぬるゝほど
    春雨やもの書ぬ身のあはれなる
    はるさめや暮なんとしてけふも有
    春雨やものがたりゆく簑と傘
    春雨やいさよふ月の海半(なかば)
    はるさめや綱が袂に小ぢようちん
    春雨の中におぼろの清水哉
東風 三春・天文 のうれんに東風吹くいせの出店かな
    河内路や東風吹送る巫女が袖
陽炎 三春・天文 陽炎や名もしらぬ虫の白き飛
    かげろふや簣(あじか)に土をめづる人
朧月 三春・天文 瀟湘の雁のなみだやおぼろ月
    女倶して内裏拜まんおぼろ月
    藥盜む女やは有おぼろ月
    よき人を宿す小家や朧月
    さしぬきを足でぬぐ夜や朧月
春の水 三春・地理 橋なくて日暮れんとする春の水
    春水や四条五条の橋の下
    足よはのわたりて濁るはるの水
    春の水背戸に田作らんとぞ思ふ
    春の水にうたゝ鵜繩の稽古哉
    蛇を追ふ鱒のおもひや春の水
春の山 三春・地理 日くるゝに雉子うつ春の山辺かな
春の海 三春・地理 春の海ひねもすのたりのたりかな
畑打 三春・生活 畑うつやうごかぬ雲もなくなりぬ
    はた打よこちの在所の鐘が鳴
    畑打や木間の寺の鐘供養
    畑うちや法三章の札のもと
    畠うつや鳥さへ啼ぬ山かげに
耕し 三春・生活 耕や五石の粟(ぞく)のあるじ皃(がほ)
種俵 三春・生活 よもすがら音なき雨や種俵 
三春・生活 凧きのふの空のありどころ
三春・動物 鶯のあちこちとするや小家がち
    鶯の声遠き日も暮にけり
    鶯のそそうがましき初音哉
    鶯を雀かと見しそれも春
    鶯や賢過たる軒のむめ
    鶯の日枝をうしろに高音哉
    鶯や家内揃うて飯時分
    鶯や茨くゞりて高うとぶ
    鶯の啼やちいさき口明て
田螺 三春・動物 そこそこに京見過しぬ田にし賣
    なつかしき津守の里や田螺あへ
    静さに堪へて水澄むたにしかな
    鴈立て驚破(そよや)田にしの戸を閉る
山鳥 三春・動物 山鳥の尾をふむ春の入日哉
三春・動物 柴刈に砦を出るや雉の聲
    亀山へ通ふ大工やきじの聲
    兀山(はげやま)や何にかくれてきじのこゑ
    むくと起て雉追ふ犬や宝でら
    木瓜の陰に皃類ひ住ムきゞす哉
    きじ啼や草の武藏の八平氏
    きじ鳴や坂を下リのたびやどり
    遅キ日や雉子の下りゐる橋の上
三春・動物 月に聞て蛙ながむる田面かな
    閣に座して遠き蛙をきく夜哉
    苗代の色紙に遊ぶかはづかな
    日は日くれよ夜は夜明ケよと啼蛙
    連哥(れんが)してもどる夜鳥羽の蛙哉
    獨鈷鎌首水かけ論のかはづかな
三春・動物 うつゝなきつまみごゝろの胡蝶哉
三春・植物 これきりに径尽たり芹の中
    古寺やほうろく捨るせりの中
椿 三春・植物 古庭に茶筌花さく椿かな
    あぢきなや椿落うづむにはたずみ
    玉人(たますり)の座右にひらくつばき哉
三春・植物 裏門の寺に愛着す蓬かな
三春・植物 居りたる舟を上ればすみれ哉
    骨拾ふ人にしたしき菫かな
焼野 初春・地理 しののめに小雨ふりだす焼野哉 
    野とともにに焼る地蔵のしきみ哉
初午 初春・生活 初午やその家々の袖だゝみ
    はつむまや鳥羽四塚の鶏の聲
    初午や物種うりに日のあたる
初春・植物 二もとの梅に遅速を愛す哉
    うめ折て皺手にかこつかをりかな
    白梅や墨芳しき鴻ろ館
    しら梅や誰むかしより垣の外
    舞舞の場(には)もうけたり梅がもと
    出べくとして出ずなりぬうめの宿
    宿の梅折取ほどになりにけり
    隅々に残る寒さやうめの花
    しら梅や北野ゝ茶店にすまひ取
    うめ散や螺鈿こぼるゝ卓(しよく)の上
    梅咲て帯買ふ室の遊女かな
    源八をわたりて梅のあるじ哉
    燈を置カで人あるさまや梅が宿
    梅咲ぬどれがむめやらうめじややら
    しら梅の枯木にもどる月夜哉
    小豆賣小家の梅のつぼみがち
    梅遠近南すべく北すべく
蕗の薹 初春・植物 莟とはなれもしらずよ蕗のたう
紅梅 初春・植物 紅梅や比丘より劣る比丘尼寺
    紅梅の落花燃らむ馬の糞 
末黒の芒 初春・植物 暁の雨やすぐろの薄はら
接木 仲春・生活 垣越しにものうちかたる接木かな
雛祭 仲春・生活 古雛やむかしの人の袖几帳
    箱を出る皃わすれめや雛二對
    たらちねのつまゝずありや雛の鼻
    雛見世の灯を引ころや春の雨
    雛祭る都はづれや桃の月
出代 仲春・生活 出代や春さめざめと古葛籠
彼岸会 仲春・行事 命婦よりぼた餅たばす彼岸哉
雁帰る 仲春・動物 歸る雁田ごとの月の曇る夜に
    きのふ去ニけふいに鴈のなき夜哉
仲春・動物 大津絵に糞落しゆく燕かな
    大和路の宮もわら屋もつばめかな 
    つばくらや水田の風に吹れ皃(がほ)
    燕啼て夜蛇をうつ小家哉
仲春・植物 わらび野やいざ物焚ん枯つゝじ
初桜 仲春・植物 旅人の鼻まだ寒し初ざくら
行く春 晩春・時候 ゆく春や逡巡として遲ざくら
    行春や撰者をうらむ哥の主
    洗足の盥も漏りてゆく春や
    けふのみの春をあるひて仕舞けり
    行春や白き花見ゆ垣のひま
    行春やむらさきさむる筑羽山
    まだ長ふなる日に春の限りかな
    ゆく春や横河へのぼるいもの神
春惜しむ 晩春・時候 春をしむ座主の聯句に召れけり
    春惜しむ宿やあふみの置火燵
暮の春 晩春・時候 返哥なき宵女房よくれの春
種浸し 晩春・生活 古河の流引きつつ種ひたし
桜人 晩春・生活 夜桃林を出て暁嵯峨の桜人
花衣 晩春・生活 筏士の蓑やあらしの花衣  
花見 晩春・生活 傾城は後の世かけて花見かな
桜狩 晩春・生活 さくら狩り美人の腹や減却す
炉塞 晩春・生活 炉塞で南阮の風呂に入身哉
    炉ふさぎや床は維摩に掛替る
御忌 晩春・行事 なには女や京を寒がる御忌詣 
    御忌の鐘ひゞくや谷の氷まで
雀の子 晩春・動物 飛かはすやたけごゝろや親雀
呼子鳥 晩春・動物 山陰や誰呼子鳥引板の音
晩春・植物 青柳や我大君の草か木か
    若草に根をわすれたる柳かな
    梅ちりてさびしく成しやなぎ哉
    捨てやらで柳挿しけり雨の間
    青柳や芹生の里のせりの中 
    出る杭をうたうとしたりや柳かな
山吹 晩春・植物 山吹や井手を流るる鉋屑
躑躅 晩春・植物 つゝじ野やあらぬ所に麦畠
    つゝじ咲て石移したる嬉しさよ
    近道へ出てうれし野ゝ躑躅哉
    つゝじ咲て片山里の飯白し
    岩に腰我頼光のつゝじ哉
桃の花 晩春・植物 喰うて寝て牛にならばや桃花
    商人(あきんど)を吼る犬ありもゝの花
    さくらより桃にしたしき小家哉
    家中衆にさむしろ振ふもゝの宿
晩春・植物 花に遠く桜に近しよしの川
    花に暮れて我家遠き野道かな
    花ちるやおもたき笈のうしろより
    花の御能過て夜を泣ク浪花人
    かくれ住て花に真田が謡かな
    玉川に高野の花や流れ去
    なら道や當皈(たうき)ばたけの花一木
    嵯峩へ帰る人はいづこの花に暮し
    花の香や嵯峩のともし火消る時
    花に舞ハで帰るさにくし白拍子
    花に来て花にいねぶるいとま哉
    花を踏みし草履も見えて朝寝かな
    居風呂に後夜きく花のもどりかな
    鶯のたまたま啼や花の山
    ねぶたさの花は御室の花よりぞ
    花の幕兼好を覗く女あり
    小冠者出て花見る人を咎けり
    花ちりて木間の寺と成にけり
晩春・植物 木の下が蹄のかぜや散さくら
    手まくらの夢はかざしの桜哉
    嵯峩ひと日閑院様のさくら哉
    苗代や鞍馬の桜ちりにけり
山桜 晩春・植物 剛力は徒(ただ)に見過ぬ山ざくら
    暮んとす春をゝしほの山ざくら
    銭買て入るやよしのゝ山ざくら
    哥(うた)屑の松に吹れて山ざくら
    まだきとも散りしとも見ゆれ山桜
    みよしの野ちか道寒し山桜
    海手より日は照つけて山ざくら
枝垂桜 晩春・植物 ゆき暮れて雨もる宿やいとざくら
晩春・植物 人なき日藤に培ふ法師かな
    山もとに米踏ム音や藤のはな
    うつむけに春うちあけて藤の花
落花 晩春・植物 阿古久曽のさしぬきふるふ落花哉
梨の花 晩春・植物 甲斐がねに雲こそかかれ梨の花 
    梨の花月に書ミよむ女あり
    菜の花や月は東に日は西に
    なのはなや笋(たけのこ)見ゆる小風呂敷
    菜の花や鯨もよらず海暮ぬ
樒の花 晩春・植物 誰住て樒流るゝ鵜川哉
三夏・時候 夏百日墨もゆがまぬこころかな 
暑き日 三夏・時候 暑き日の刀にかゆる扇かな
暑し 三夏・時候 日帰りの兀山越るあつさ哉
    居りたる舟に寢てゐる暑かな
    端居して妻子を避る暑かな
短夜 三夏・時候 みじか夜や六里の松に更たらず
    みじか夜や毛むしの上に露の玉
    短夜や同心衆の川手水
    みじか夜や枕にちかき銀屏風
    短夜や芦間流るゝ蟹の泡
    みじか夜や二尺落ゆく大井川
    みじか夜を眠らでもるや翁丸
    短夜や浪うち際の捨篝
    みじか夜やいとま給る白拍子
    みじか夜や小見世明たる町はづれ
    短夜や一ツあまりて志賀の松
    みじか夜や伏見の戸ぼそ淀の窓
明易し 三夏・時候 明やすき夜をかくしてや東山
涼し 三夏・時候 涼しさや鐘をはなるるかねの音 
夏の月 三夏・天文 夜水とる里人の声や夏の月
    堂守の小草ながめつ夏の月
    ぬけがけの浅瀬わたるや夏の月
    河童(かはたろ)の恋する宿や夏の月
夕立 三夏・天文 ゆふだちや筆もかはかず一千言
    白雨や門脇どのゝ人だまり
    夕だちや草葉を掴むむら雀
雲の峰 三夏・天文 廿日路の背中にたつや雲峰
    揚州の津も見えそめて雲の峯
    雨と成恋はしらじな雲の峯
    雲のみね四沢の水の涸てより
薫風 三夏・天文 薫風やともしたてかねついつくしま
夏の川 三夏・地理 夏河を越すうれしさよ手に草履
夏の山 三夏・地理 夏山や通ひなれにし若狭人
    降かへて日枝を廿チの化粧かな
夏野 三夏・地理 おろし置笈に地震(ナヘフル)なつ野哉
    行〃てこゝに行〃夏野かな
清水 三夏・地理 石工の鑿冷したる清水哉
    落合ふて音なくなれる清水哉
    銭亀や青砥もしらぬ山清水
    二人してむすべば濁る清水哉
    我宿にいかに引べきしみづ哉
    葛を得て清水に遠きうらみ哉
    柳散り清水涸石処々  
吊忍 三夏・生活 釣しのぶ(かや)にさはらぬ住居かな
蚊遣 三夏・生活 蚊やりしてまいらす僧の坐右かな
    三軒家大阪人のかやり哉
    垣越て蟇の避行かやりかな
蚊帳 三夏・生活 蚊屋を出て奈良を立ゆく若葉哉
    蚊屋の内にほたる放してアヽ樂や
    尼寺や能キかやたるゝ宵月夜
    あら凉し裾吹蚊屋も根なし草
    蚊屋を出て内に居ぬ身の夜は明ぬ
    蚊屋つりて翠微つくらむ家の中
三夏・生活 なれ過た鮓をあるじの遺恨哉
    鮓桶をこれへと樹下に床几哉
    鮓つけて誰待としもなき身哉
    鮒ずしや彦根が城に雲かかる
藻刈 三夏・生活 路辺の刈藻花さく宵の雨
昼寝 三夏・生活 蠅いとふ身を古郷に昼寝かな
鵜飼 三夏・生活 しのゝめや鵜をのがれたる魚浅し
    老なりし鵜飼ことしは見えぬ哉
    殿原の名古屋皃なる鵜川かな
    鵜舟漕ぐ水窮まれば照射哉
三夏・生活 弓取の帯の細さよたかむしろ
    細脛に夕風さはる簟
甘酒 三夏・生活 あま酒の地獄もちかし箱根山
    御仏に昼備へけりひと夜酒
    愚痴無智のあま酒造る松が岡
掛香 三夏・生活 かけ香や何にとゞまるせみ衣
    かけ香や唖の娘のひとゝなり
    かけ香やわすれ皃なる袖だゝみ
川狩 三夏・生活 川狩や楼上の人の見しり皃
    月に対す君に唐網(とあみ)の水煙
    川狩や帰去来といふ声す也
三夏・生活 有と見えて扇の裏絵おぼつかな
    とかくして笠になしつる扇哉
    渡し呼草のあなたの扇哉
団扇 三夏・生活 絵団のそれも清十郎にお夏かな
    手すさびの団画ん草の汁
夜振 三夏・生活 雨後の月誰ソや夜ぶりの脛白き
三夏・生活 水の粉のきのふに尽ぬ草の菴
    水の粉やあるじかしこき後家の君
葛水 三夏・生活 宗鑑に葛水給ふ大臣かな
竹婦人 三夏・生活 褒居士はかたい親父よ竹婦人
心太 三夏・生活 ところてん逆しまに銀河三千尺 
三夏・行事 草の雨祭の車過ぎてのち
夏書 三夏・行事 日を以て数ふる筆の夏書哉
郭公 三夏・動物 狂居士の首にかけたか鞨鼓鳥(かつこどり)
    閑居鳥寺見ゆ麥林寺とやいふ
    山人は人也かんこどりは鳥なりけり
    食次(めしつぎ)の庭たゝく音トやかんこ鳥
    足跡を字にもよまれず閑居鳥
    うへ見えぬ笠置の森やかんこどり
    むつかしき鳩の禮義やかんこどり
    閑居鳥さくらの枝も踏で居る
    かんこどり可もなく不可もなくね哉
時鳥 三夏・動物 鞘走る友切丸やほとゝぎす
    ほとゝきす平安城を筋違に
    子規柩をつかむ雲間より
    春過てなつかぬ鳥や杜鵑
    ほとゝぎす待や都のそらだのめ
    時鳥繪になけ東四郎次郎
    岩倉の狂女恋せよ子規
    稲葉殿の御茶たぶ夜や時鳥
    わするなよほどは雲助ほとゝぎす
    哥(うた)なくてきぬぎぬつらし時鳥
    名のれ名のれ雨しのはらのほとゝぎす
三夏・動物 鮎くれてよらで過行く夜半の門
三夏・動物 古井戸や蚊に飛ぶ魚の音くらし
    うは風に蚊の流れゆく野河哉
    蚊の声す忍冬の花の散ルたびに
蝙蝠 三夏・動物 かはほりやむかひの女房こちを見る 
青鷺 三夏・動物 夕風や水青鷺の脛をうつ
蝸牛 三夏・動物 でゝむしやその角文字のにじり書
    蝸牛の住はてし宿やうつせ貝
    こもり居て雨うたがふや蝸牛
三夏・動物 雪信が蠅うち払ふ硯かな
    こと葉多く早瓜くるゝ女かな
水鶏 三夏・動物 関の戸に水鶏のそら音なかりけり
羽蟻 三夏・動物 飛蟻とぶや富士の裾野ゝ小家より
山雀 三夏・動物 山雀や榧の老木に寝にもどる
三夏・植物 しののめや雲見えなくに蓼の雨
    砂川や或は蓼を流れ越す
    蓼の葉を此君と申せ雀鮓
蓴菜 三夏・植物 採蓴を諷ふ彦根のそう夫哉
藻の花 三夏・植物 藻の花や片われからの月もすむ
夏木立 三夏・植物 いづこより礫うちけむ夏木立
    酒十駄ゆりもて行や夏こだち
麦の秋 初夏・時候 病人の駕も過けり麦の秋
更衣 初夏・生活 絹着せぬ家中ゆゝしき更衣
    辻駕によき人のせつころもがへ
    大兵の廿チ(はたち)あまりや更衣
    ころもがへ印籠買に所化二人
    更衣野路の人はつかに白し
    痩臑の毛に微風あり更衣
    御手討の夫婦なりしを更衣
    更衣いやしからざるはした銭
初夏・生活 橘のかごとがましきあはせかな
麦刈 初夏・生活 麦刈ぬ近道来ませ法の杖
初夏・生活 粽解て芦吹く風の音聞かん 
大矢数 初夏・生活 たのもしき矢数のぬしの袷哉
牡丹 初夏・植物 牡丹散て打かさなりぬ二三片 
    閻王の口や牡丹を吐んとす
    寂として客の絶間のぼたん哉
    地車のとゞろとひゞく牡丹かな
    ちりて後おもかげにたつぼたん哉
    牡丹切て氣のおとろひし夕かな
    山蟻のあからさま也白牡丹
    広庭のぼたんや天の一方に
卯の花 初夏・植物 卯の花のこぼるる蕗の広葉かな
若楓 初夏・植物 三井寺や日は午にせまる若楓
若葉 初夏・植物 窓の燈の梢にのぼる若葉哉
    不二ひとつうづみ残してわかばかな 
    絶頂の城たのもしき若葉かな
    若葉して水白く麥黄ミたり
    山に添ふて小舟漕ゆく若ば哉
    蛇を截てわたる谷路の若葉哉
初夏・植物 笋の藪の案内やをとしざし
    筍や甥の法師が寺とはん
芥子の花 初夏・植物 けしの花籬すべくもあらぬ哉
初夏・植物 うは風に音なき麦を枕もと
    長旅や駕なき村の麦ぼこり
    旅芝居穂麦がもとの鏡たて
    蕎麥あしき京をかくして穂麦哉
    狐火やいづこ河内の麦畠
    舂や穂麦が中の水車
花茨 初夏・植物 花いばら故郷の路に似たる哉
    路たえて香にせまり咲いばらかな
    愁ひつつ岡にのぼれば花いばら
玉巻く芭蕉 初夏・植物 耳目肺腸こゝに玉巻ばせを庵
瓜の花 初夏・植物 雷に小屋は焼かれて瓜の花 
五月雨 仲夏・天文 さみだれのうつほ柱や老が耳
    湖へ富士をもどすやさつき雨
    さみだれや大河を前に家二軒 
    さみだれや仏の花を捨に出る
    小田原で合羽買たり皐月雨
    さみだれの大井越たるかしこさよ
    さつき雨田毎の闇となりにけり
田植 仲夏・生活 離別れたる身を蹈込で田植哉
    鯰得て帰る田植の男かな
雨乞 仲夏・生活 雨乞に曇る国司のなみだ哉
    大粒な雨は祈の奇特かな
仲夏・動物 狩衣の袖のうら這ふほたる哉
    學問は尻からぬけるほたる哉
杜若 仲夏・植物 かきつばたへたりと鳶のたれてける
    宵々の雨に音なし杜若 
桜の実 仲夏・植物 來て見れば夕の櫻實となりぬ
    実ざくらや死のこりたる菴の主
若竹 仲夏・植物 若竹や橋本の遊女ありやなし
    若竹や夕日の嵯峩と成にけり
百合の花 仲夏・植物 かりそめに早百合生ケたり谷の房
青梅 仲夏・植物 青梅に眉あつめたる美人哉
    青うめをうてばかつ散る青葉かな
花橘 仲夏・植物 たちばなのかはたれ時や古館
椎の花 仲夏・植物 椎の花人もすさめぬにほひ哉
柿の花 仲夏・植物 虫のために害はれ落ツ柿の花
仲夏・植物 うき草を吹あつめてや花むしろ
昼顔 仲夏・植物 昼がほやこの道唐の三十里
蓮の浮葉 仲夏・植物 飛石も三つ四つ蓮のうき葉哉
河骨 仲夏・植物 河骨の二もとさくや雨の中
晩夏・天文 負腹の守敏も降らす旱かな
真菰刈 晩夏・生活 水深く利鎌ならす真菰刈
蓮見 晩夏・生活 吹がらの浮葉にけぶる蓮見哉
晩夏・生活 羅に遮る蓮のにほひ哉
瓜番 晩夏・生活 瓜小屋の月にやおはす隠君子
涼み 晩夏・生活 丈山の口が過たり夕すゞみ
    網打ちの見えずなり行凉かな
    すゞしさや都を竪にながれ川
川床 晩夏・生活 川床に憎き法師の立居かな
施米 晩夏・生活 腹あしき僧こぼし行く施米哉
虫干 晩夏・生活 虫干や甥の僧訪ふ東大寺
祇園会 晩夏・行事 祇園会や真葛原の風かほる
    ぎをん会や僧の訪よる梶が許
夏神楽 晩夏・行事 裸身に神うつりませ夏神楽 
名越の祓 晩夏・行事 つくばふた禰宜でことすむ御祓哉
    灸のない背中流すや夏はらへ
    出水の加茂に橋なし夏祓
晩夏・動物 脱かゆる梢もせみの小河哉
    半日の閑を榎やせみの声
    大仏のあなた宮様せみの声
    蝉啼や行者の過る午の刻
    蝉啼や僧正坊のゆあみ時
晩夏・植物 しののめや露の近江の麻畠
茄子 晩夏・植物 水桶にうなづきあふや瓜茄子
晩夏・植物 葉がくれの枕さがせよ瓜ばたけ
合歓の花 晩夏・植物 蝮の鼾も合歓の葉陰哉
草いきれ 晩夏・植物 草いきれ人死に居ると札の立
夕顔 晩夏・植物 ゆふがほや黄に咲たるも有べかり
    夕皃の花噛ム猫や余所ごゝろ
晩夏・植物 蓮の香や水をはなるる茎二寸 
    白蓮を切らんとぞおもふ僧のさま
    河床や蓮からまたぐ便にも
晩夏・植物 あだ花は雨にうたれて瓜ばたけ
三秋・時候 立ち去ル事一里眉毛に秋の峰寒し
身に入む 三秋・時候 身にしむや横川のきぬをすます時
身に入む 三秋・時候 身にしむや亡き妻の櫛を閨に踏む
三秋・時候 木曽路行ていざとしよらん秋ひとり
    追剥を弟子に剃けり秋の旅
    身の秋や今宵をしのぶ翌(あす)もあり
    笛の音に波もより来る須磨の秋
    秋はものゝそばの不作もなつかしき
秋の暮 三秋・時候 去年より又さびしひぞ秋の暮
    父母のことのみおもふ秋のくれ
    あちらむきに鴫も立たり秋の暮
    我がでに我をまねくや秋の暮
    門を出れば我も行人秋のくれ
    弓取に哥とはれけり秋の暮
    淋し身に杖ワすれたり秋の暮
    秋の暮辻の地藏に油さす
秋の夜 三秋・時候 おのが身の闇より吼て夜半の秋
    甲賀衆のしのびの賭や夜半の秋
    机上秋の夜を守る刀かな
    子鼠のちゝよと啼や夜半の秋
夜長 三秋・時候 長き夜や通夜の連哥のこぼれ月
    山鳥の枝踏かゆる夜長哉
     
三秋・天文 とうろうを三たびかゝげぬ露ながら
稲妻 三秋・天文 いな妻や八丈かけてきくた摺
    いな妻の一網うつやいせのうみ
    いなづまや堅田泊リの宵の空
    稲妻にこぼるゝ音や竹の露
三秋・天文 しら露やさつ男の胸毛ぬるるほど  
    ものゝふの露はらひ行弰かな
    白露や茨の刺にひとつづゝ
    狩倉の露におもたきうつぼ哉
    市人の物うちかたる露の中
    朝露やまだ霜しらぬ髪の落
三秋・天文 朝霧や村千軒の市の音
    朝霧や杭打音丁ゝたり
三秋・天文 水一筋月よりうつす桂河
    中々にひとりあればぞ月を友
    月天心貧しき町を通りけり
    山の端や海を離るゝ月も今
    庵の月主をとへば芋堀に
    月見ればなみだに砕く千ゝの玉
    一行の鴈や端山に月を印す
秋の風 三秋・天文 かなしさや釣の糸吹あきの風
    秋の風書むしばまず成にけり
    金屏の羅は誰ガあきのかぜ
    秋風や干魚かけたる浜庇
    秋雨や水底の草を蹈わたる
    秋風や酒肆に詩うたふ漁者樵者
    ゆふがほに秋風そよぐみそぎ川
案山子 三秋・生活 我足にかうべぬかるゝ案山子哉
    御所柿にたのまれ皃のかゞし哉
    姓名は何子が号は案山子哉
    三輪の田に頭巾着て居るかゞしかな
    秋かぜのうごかして行案山子哉
    水落て細脛高きかゞし哉
綿取 三秋・生活 綿つみやたばこの花を見て休む
鯊釣 三秋・生活 沙魚釣の小舟漕ぐなる窓の前 
秋の燈 三秋・生活 秋の燈やゆかしき奈良の道具市
三秋・生活 うき人に手をうたれたる砧かな
    小路行ばちかく聞ゆるきぬた哉
    遠近をちこちとうつきぬた哉
    うき我に砧うて今は又止ミね
    石を打狐守夜のきぬた哉
三秋・動物 むし啼くや河内通ひの小でうちん
蓑虫 三秋・動物 みのむしや秋ひだるしと鳴くなめり
三秋・動物 小百姓鶉を取老となりにけり
蜻蛉 三秋・動物 日は斜関屋の鎗(やり)にとんぼかな
鹿 三秋・動物 雨の鹿恋に朽ぬは角ばかり
    鹿寒し角も身に添ふ枯木哉
    鹿啼てはゝその木末あれにけり
    菜畠の霜夜は早し鹿の声
    三度啼て聞えずなりぬ鹿の声
    鹿ながら山影門に入日哉
    鹿の声小坊主に角なかりけり
    折あしく門こそ叩け鹿の声
三秋・動物 百日の鯉切尽きて鱸かな
    釣上し鱸の巨口玉や吐
三秋・動物 此森もとかく過けり鵙おとし
三秋・動物 たつ鴫に眠る鴫ありふた法師
    鴫立て秋天ひきゝながめ哉
渡り鳥 三秋・動物 わたり鳥こゝをせにせん寺林
    わたり鳥雲の機手のにしき哉
草の花 三秋・植物 妹が垣根さみせん草の花咲ぬ
三秋・植物 薄見つ萩やなからむ此ほとり
    山は暮て野は黄昏の薄哉   
    秋ふたつうきをますほの薄哉
    茨老すゝき痩萩おぼつかな
    垣ね潜る薄ひともと真蘇枋なる
    花すゝきひと夜はなびけ武蔵坊
葛の葉 三秋・植物 葛の葉のうらみ皃なる細雨哉
若煙草 三秋・植物 むしばみて下葉ゆかしきたばこ哉
狗尾草 三秋・植物 名月にゑのころ捨る下部哉
芭蕉 三秋・植物 物書に葉うらにめづる芭蕉哉
三秋・植物 日でりどし伏水の小菊もらひけり
    きくの露受て硯のいのち哉
    いでさらば投壺まいらせん菊の花
    白菊や呉山の雪を笠の下
    手燭して色失へる黄菊哉
    村百戸菊なき門も見えぬ哉
    あさましき桃の落葉よ菊畠
    菊作り汝は菊の奴かな
唐辛子 三秋・植物 餉(かれいひ)にからき涙やたうがらし
    俵して蔵め蓄へぬ番椒
    にしき木を立ぬ垣根や番椒
むかご 三秋・植物 うれしさの箕にあまりたるむかご哉
鶏頭 三秋・植物 にしき木は吹たふされて鶏頭花
立秋 初秋・時候 秋来ぬと合点させたる嚔かな
    秋たつや何におどろく陰陽師
    貧乏に追つかれけりけさの秋
    秋立や素湯香しき施藥院
初秋 初秋・時候 初秋や余所の灯見ゆる宵のほど
八朔 初秋・時候 八朔や扨明日よりは二日月 
灯籠 初秋・生活 高燈籠滅なんとするあまたゝび
梶の葉 初秋・生活 梶の葉を朗詠集の栞かな
願の糸 初秋・生活 戀さまざま願の糸も白きより
衝突入 初秋・生活 つと入やしる人に逢ふ拍子ぬけ
初秋・生活 四五人に月落ちかゝるをどり哉
    ひたと犬の啼町越えて躍かな
    萍のさそひ合せておどり哉
相撲 初秋・生活 日ごろ中よくて恥あるすまひ哉
    飛入りの力者あやしき角力かな
    夕露や伏見の角力ちりぢりに
    負まじき角力を寝ものがたり哉
花火 初秋・生活 もの焚て花火に遠きかゝり舟
    花火せよ淀の御茶屋の夕月夜
魂祭 初秋・行事 あぢきなや蚊屋の裙蹈魂祭
    魂棚をほどけばもとの座敷かな
大文字 初秋・行事 大文字やあふみの空もただならね 
    相阿弥の宵寝起すや大文字
接待 初秋・行事 摂待にきせるわすれて西へ行
初秋・植物 小狐の何にむせけむ小萩はら
    宮城野ゝ萩更級の蕎麦にいづれ
    白萩を春わかちとるちぎり哉
女郎花 初秋・植物 女郎花そも茎ながら花ながら
    里人はさともおもはじをみなへし
    猪の露折かけてをみなへし
桔梗 初秋・植物 きちかうも見ゆる花屋が持仏堂
朝顔 初秋・植物 朝がほや一輪深き淵のいろ
    朝皃や手拭のはしの監をかこつ
    朝皃にうすきゆかりの木槿哉
鬼灯 初秋・植物 鬼灯や清原の女が生写し
青瓢 初秋・植物 順礼の目鼻書行くふくべ哉
    腹の中へ歯はぬけけらし種ふくべ
    あだ花にかゝる恥なし種ふくべ
    人の世に尻を居へたるふくべ哉
蕎麦の花 初秋・植物 故郷や酒はあしくとそばの花
    道のべや手よりこぼれて蕎麦花
    落る日のくゞりて染る蕎麦の茎
    黒谷の隣はしろしそばのはな
蓼の花 初秋・植物 三径の十歩に尽て蓼の花
    甲斐がねや穂蓼の上を塩車
    水かれがれ蓼かあらぬか蕎麦か否か
雨月 仲秋・天文 旅人よ笠嶋かたれ雨の月
名月 仲秋・天文 月今宵松にかへたるやどり哉
    名月や雨を溜たる池のうへ
    名月やうさぎのわたる諏訪の海 
    月今宵あるじの翁舞出よ
    仲丸の魂祭せむけふの月
    名月や夜は人住ぬ峰の茶屋
    かつまたの池は闇也けふの月
    花守は野守に劣るけふの月
    名月や神泉苑の魚躍る
野分 仲秋・天文 鳥羽殿へ五六騎急ぐ野分かな
    門前の老婆子薪貪る野分かな
    梺なる我蕎麦存す野分哉
    市人のよべ問かはすのわきかな
    客僧の二階下り来る野分哉
初汐 仲秋・地理 初汐に追れてのぼる小魚哉
月見 仲秋・生活 身の闇の頭巾も通る月見かな
秋の駒牽 仲秋・生活 駒迎へことにゆゆしや額白
落し水 仲秋・生活 雨乞の小町が果やをとし水
    村々の寝ごゝろ更けぬ落し水
毛見 仲秋・生活 毛見の衆の舟さし下せ最上川 
小鳥 仲秋・動物 小鳥来る音うれしさよ板びさし
江鮭 仲秋・動物 瀬田降て志賀の夕日や江鮭
仲秋・植物 夜の蘭香にかくれてや花白し
    蘭夕狐のくれし奇楠を炷む
野菊 仲秋・植物 なつかしきしをにがもとの野菊哉 
茯苓 仲秋・植物 茯苓は伏かくれ松露はあらはれぬ
行く秋 晩秋・時候 去来去移竹移りぬいく秋ぞ
秋寒 晩秋・時候 秋寒し藤太が鏑ひゞく時
夜寒 晩秋・時候 猿どのゝ夜寒訪ゆく兎かな
    壁隣ものごとつかす夜さむ哉
    欠け欠けて月もなくなる夜寒哉
    起て居てもう寢たといふ夜寒哉
    夜を寒み小冠者臥たり北枕
暮の秋 晩秋・時候 くれの秋有職の人は宿に在す
    いさゝかなをいめ乞れぬ暮の秋
行く秋 晩秋・時候 行秋やよき衣きたる掛リ人 
暮の秋 晩秋・時候 跡かくす師の行方や暮の秋
後の月 晩秋・天文 水かれて池のひづみや後の月
    山茶花の木間見せけり後の月
    泊る氣でひとり来ませり十三夜
    十月の今宵はしぐれ後の月
    唐人よ此花過てのちの月
稲干す 晩秋・生活 稲かけて風もひかさじ老の松
新米 晩秋・生活 新米の坂田は早しもがみ河
落穂 晩秋・生活 落穂拾ひ日あたる方へあゆみ行
茸狩 晩秋・生活 茸狩りや頭挙ぐれば峰の月
新酒 晩秋・生活 鬼貫や新酒の中の貧に処ス
太秦の牛祭 晩秋・行事 角文字のいざ月もよし牛祭
晩秋・動物 雁行て門田も遠くおもはるゝ 
    紀の路にも下りず夜を行雁ひとつ
末枯 晩秋・植物 うら枯やからきめ見つる漆の樹
紅葉 晩秋・植物 炉に焼てけぶりを握る紅葉哉
    西行の夜具も出て有紅葉哉
    ひつぢ田に紅葉ちりかゝる夕日哉 
    谷水の尽てこがるゝもみぢ哉
    よらで過る藤沢寺のもみ地哉
    むら紅葉会津商人なつかしき
椎の実 晩秋・植物 丸盆の椎にむかしの音聞かむ
    椎拾ふ横河の児のいとま哉
梅もどき 晩秋・植物 折りくるゝ心こぼさじ梅もどき
    梅もどき折や念珠をかけながら
銀杏 晩秋・植物 稚子の寺なつかしむいてう哉
晩秋・植物 栗備ふ恵心の作の弥陀仏
冬の夜 三冬・時候 鋸の音貧しさよ夜半の冬
    我を厭ふ隣家寒夜に鍋を鳴ラす
    飛騨山の質屋とざしぬ夜半の冬
冬ざれ 三冬・時候 冬されや小鳥のあさる韮畠
寒し 三冬・時候 皿を蹈鼠の音のさむさ哉
    寺寒く樒はみこぼす鼠かな
凍る 三冬・時候 氷る燈の油うかゞふ鼠かな
    歯豁(アラハ)に筆の氷を噛ム夜哉
    山水の減るほど減りて氷かな
三冬・天文 擂盆のみそみめぐりや寺の霜
    朝霜や剣を握るつるべ繩
    霜百里舟中に我月を領す
    霜あれて韮を刈取翁かな
三冬・天文 一しきり矢種の尽るあられ哉
    玉霰漂母が鍋をみだれうつ
三冬・天文 古池に草履沈ミてみぞれ哉
冬の月 三冬・天文 静かなるかしの木はらや冬の月
狐火 三冬・地理 狐火や髑髏に雨のたまる夜に
枯野 三冬・地理 むさゝびの小鳥はみ居る枯野哉
    大とこの糞ひりおはすかれの哉
    子を捨る藪さへなくて枯野哉
    息杖に石の火を見る枯野哉
    馬の尾にいばらのかゝる枯野哉
    蕭条として石に日の入枯野かな
冬籠 三冬・生活 居眠りて我にかくれん冬ごもり
    冬ごもり壁をこゝろの山に倚
    冬ごもり燈下に書すとかゝれたり
    勝手まで誰が妻子ぞ冬ごもり
    冬ごもり仏にうときこゝろ哉
三冬・生活 かしらへやかけん裾へや古衾
夜興引 三冬・生活 夜興引や犬のとがむる塀の内
火桶 三冬・生活 小野ゝ炭匂ふ火桶のあなめ哉
    炭取のひさご火桶に並び居る
    われぬべき年もありしを古火桶
    裙に置て心に遠き火桶かな
    炭団法師火桶の穴より窺ひけり
炭売 三冬・生活 炭うりに鏡見せたる女かな
埋火 三冬・生活 うづみ火や終には煮る鍋のもの
    うずみ火や我かくれ家も雪の中
炬燵 三冬・生活 巨燵出て早あしもとの野河哉
    腰ぬけの妻うつくしき巨燵かな
三冬・生活 沙弥律師ころりころりとふすま哉
河豚汁 三冬・生活 鰒汁の宿赤赤と燈しけり
    ふく汁の我活キて居る寢覺哉
    秋風の呉人はしらじふくと汁
    音なせそ叩くは僧よ鰒じる
納豆汁 三冬・生活 朝霜や室の揚屋の納豆汁
    入道のよゝとまいりぬ納豆汁
頭巾 三冬・生活 町はづれいでや頭巾は小風呂敷
    引かふで耳をあはれむ頭巾哉
    みどり子の頭巾眉深きいとをしみ
紙子 三冬・生活 めし粒で紙子の破れふたぎけり
    此冬や帋衣着ようとおもひけり
    老を山へ捨し世も有に紙子哉
頭巾 三冬・生活 我頭巾うき世のさまに似ずもがな
    さゝめごと頭巾にかづく羽折哉
    頭巾着て声こもりくの初瀬法師
夜着 三冬・生活 皃見せや夜着をはなるゝ妹が許
足袋 三冬・生活 足袋はいて寝る夜ものうき夢見哉
蕎麦湯 三冬・生活 我のみの柴折くべるそば湯哉
紙衾 三冬・生活 紙ぶすま折目正しくあはれ也
    乾鮭や琴の斧うつひゞきあり
    から鮭に腰する市の翁かな
    からざけや帯刀殿の台所
    詫禅師乾鮭に白頭の吟を彫
薬喰 三冬・生活 しづしづと五徳居えけり薬喰
    薬喰隣の亭主箸持參
    くすり喰人に語るな鹿ヶ谷
    妻や子の寢皃も見えつ薬喰
    客僧の狸寝入りやくすり喰
鴛鴦 三冬・動物 里過て古江に鴛を見付たり 
水鳥 三冬・動物 水鳥や百姓ながら弓矢取
    水鳥や舟に菜を洗ふ女有
    水鳥や枯木の中に駕二挺
千鳥 三冬・動物 羽織着て綱もきく夜や川ちどり
    風雲の夜すがら月の千鳥哉
    磯ちどり足をぬらして遊びけり
    打よする浪や千鳥の横ありき
    加茂人の火を燧(キル)音や小夜鵆
都鳥 三冬・動物 嵯峨寒しいざ先くだれ都鳥
三冬・動物 痩脛や病より起ツ鶴寒し
河豚 三冬・動物 河豚の面世上の人を白眼ム哉
    (ほとぎ)うつて鰒になき世の友とはむ
    袴着て鰒喰ふて居る町人よ
三冬・動物 らうそくの涙氷るや夜の鶴
杜父魚 三冬・動物 杜父魚のえものすくなき翁哉
寒苦鳥 三冬・動物 かんこ鳥は賢にして賤し寒苦鳥
三冬・動物 鯨売市に刀を鼓しけり
枯草 三冬・植物 草枯て狐の飛脚通りけり
枯芒 三冬・植物 千葉どの仮家引ケたり枯尾花
    狐火の燃へつくばかり枯尾花 
    我も死して碑に辺せむ枯尾花
落葉 三冬・植物 待人の足音遠き落葉哉
    菊は黄に雨疎かに落葉かな
    古寺の藤あさましき落葉哉
    往来待て吹田をわたる落ば哉
    もしほ草柿のもと成落葉さへ
    西吹ケば東にたまる落葉哉
寒牡丹 三冬・植物 山中の相雪中のぼたん哉
三冬・植物 葱買て枯木の中を帰りけり
    ひともじの北へ枯臥古葉哉
    易水にねぶか流るゝ寒かな
冬木立 三冬・植物 冬こだち月に隣をわすれたり
    二村に質屋一軒冬こだち
    このむらの人は猿也冬木だち
    鶯に美を尽してや冬木立
    斧入れて香におどろくや冬こだち
初冬 初冬・時候 初冬や日和になりし京はづれ
神無月 初冬・時候 宗任に水仙見せよ神無月
小春 初冬・時候 小春凪真帆も七合五勺かな
時雨 初冬・天文 冬ちかし時雨の雲もここよりぞ  
初時雨 初冬・天文 みのむしの得たりかしこし初時雨
    初しぐれ眉に烏帽子の雫哉
時雨 初冬・天文 楠の根を静にぬらす時雨哉
    時雨るゝや簑買ふ人のまことより
    しぐるゝや鼠のわたる琴の上
    古傘の婆裟と月夜の時雨哉
    しぐるゝや我も古人の夜に似たる
    夕時雨蟇ひそみ音に愁ふ哉
    簑笠の衣鉢つたへて時雨哉
木枯 初冬・天文 凩に鰓吹るゝや鉤の魚
    こがらしやひたとつまづく戻り馬
    こがらしや畠の小石目に見ゆる
    こがらしや何に世わたる家五軒
    凩やこの頃までは荻の風
    木枯や鐘に小石を吹あてる
    こがらしや岩に裂行水の声
口切 初冬・生活 口切や五山衆なんどほのめきて
    口切や小城下ながら只ならね
炉開 初冬・生活 炉びらきや雪中庵の霰酒
麦蒔 初冬・生活 麦蒔や百まで生る皃ばかり
十夜 初冬・行事 あなたうと茶もだぶだぶと十夜哉
御火焚 初冬・行事 御火焚や霜うつくしき京の町
    御火たきや犬も中中そゞろ皃
枇杷の花 初冬・植物 枇杷の花鳥もすさめず日くれたり
茶の花 初冬・植物 茶の花や白にも黄にもおぼつかな
    茶のはなや石をめぐりて路を取
石蕗の花 初冬・植物 咲くべくもおもはであるを石蕗花
帰り花 初冬・植物 たんぽゝのわすれ花あり路の霜
冬至 仲冬・時候 新右衛門蛇足を誘ふ冬至かな
    書記典主故園に遊ぶ冬至哉
初雪 仲冬・天文 初雪や消ればぞ又草の露
    初雪の底を叩ば竹の月
顔見世 仲冬・生活 かほ見せやすでにうき世の飯時分
    皃見せやふとんをまくる東山
鉢叩 仲冬・行事 鳴らし来て我夜あわれめ鉢叩
    一瓢のいんで寢よやれ鉢たゝき
    木のはしの坊主のはしやはちたゝき
    ゆふがほのそれは髑髏か鉢敲
    花に表太雪に君あり鉢叩
    西念はもう寝た星をはち敲
寒月 晩冬・天文 牙寒き梁の月の鼠かな
吹雪 晩冬・天文 宿かせと刀投げ出す雪吹哉
晩冬・天文 雪の暮鴫はもどつて居るような
    としひとつ積るや雪の小町寺
    いざ雪見かたちづくりす蓑と笠
    鍋さげて淀の小橋を雪の人
    雪白し加茂の氏人馬でうて
    漁家寒し酒に頭の雪を焼
    宿かさぬ火影や雪の家つゞき
    愚に耐よと窓を暗す雪の竹
寒月 晩冬・天文 寒月や門なき寺の天高し
    寒月や鋸岩のあからさま
    寒月や枯木の中の竹三竿
    寒月や衆徒の群議の過て後
柊挿す 晩冬・生活 日の光今朝や鰯のかしらより
蒲団 晩冬・生活 嵐雪とふとん引合ふ侘寝かな
    いばりせしふとんほしたり須磨の里
    古郷にひと夜は更るふとんかな
    大兵のかり寝あはれむ蒲団哉
    虎の尾を踏みつゝ裙にふとんかな
寒声 晩冬・生活 寒聲や古うた諷ふ誰が子ぞ
大原雑魚寝 晩冬・生活 にしき木の立聞もなき雑魚寝哉
寒念仏 晩冬・行事 細道になり行く声や寒念仏
    極楽の近道いくつ寒念仏
寒垢離 晩冬・行事 寒垢離や上の町まで来たりけり
    寒ごりやいざまいりそふ一手桶
早梅 晩冬・植物 早梅や御室の里の売屋敷 
冬の梅 晩冬・植物 冬の梅きのふやちりぬ石の上
雪折 晩冬・植物 雪折や雪を湯に焚釜の下
    雪折やよし野ゝ夢のさめる時
水仙 晩冬・植物 水仙や寒き都のこゝかしこ
    水仙や美人かうべをいたむらし
    水仙や鵙の草茎花咲ぬ
冬の梅 晩冬・植物 寒梅や火の迸(ホトバシ)る鉄(マガネ)より
    寒梅を手折響や老が肘
師走 暮・時候 うぐひすの啼や師走の羅生門
ゆく年 暮・時候 ゆく年の瀬田を廻るや金飛脚
年の暮 暮・時候 石公へ五百目もどすとしのくれ
    芭蕉去てそのゝちいまだ年くれず
年忘 暮・生活 霊運もこよひはゆるせとし忘
年木樵 暮・生活 おとろひや小枝も捨てぬとし木樵 
古暦 暮・生活 御経に似てゆかしさよ古暦
年守る 暮・生活 とし守夜老はたうとく見られたり
    とし守や乾鮭の太刀鱈の棒
初春 新年・時候 ほうらいの山まつりせむ老の春
雑煮 新年・生活 三椀の雑煮かゆるや長者ぶり
七草 新年・生活 七くさや袴の紐の片むすび
薮入 新年・生活 やぶ入の夢や小豆の煮るうち
    藪いりやよそ目ながらの愛宕山
    やぶいりや守袋をわすれ草
    養父入や鉄漿(かね)もらひ來る傘の下
    やぶ入りは中山寺の男かな
    やぶいりのまたいで過ぬ几巾の糸