雁の使

 
かりのつかい/かりのつかひ
三秋
 
 
雁の書(ふみ)/雁の便/雁の玉章(たまずさ)
 
 
中国前漢のひと蘇武の故事にかかわる言葉。匈奴に久しくつかまっていた蘇武が雁の足に文を結んで飛ばしたところ、それが都に 届き無事帰れたという。この故事から「雁の使」は手紙を運ぶ人 であり、また、単に手紙をも意味する。
 

コメントは受け付けていません。