八幡花の頭

やわたはなのとう/やはたはなのとう
晩秋
 
九月二十日、後に九月下旬、京都石清水八幡宮で行われた行事。 社僧の弟子が剃髪し衆僧に加わる時の宴のため、造花を神前に捧げた。頭は、花の世話、当番の意味か。当日は、祝儀に歌や踊りがあった。現在、八幡宮の行事予定に記録がない。

コメントは受け付けていません。