野の宮の別

 
ののみやのわかれ
晩秋
 
 
桂川の御禊/別れの御櫛/斎宮群行
 
 
京都嵯峨野の野の宮神社は、伊勢皇大神宮や賀茂神社に奉仕する 斎宮、斎院が精進潔斎した所。三年間の潔斎の後、参内して天皇に別れを告げ神の女性となった。「野の宮の別、秋九月。恋にあらず」とあるが、今は十月第三日曜、行列が出て嵐山で禊をする。 

野の宮にわかれからびて大根かな
巣兆 「発句題叢」

野の宮の別れ語るや小百姓
松瀬青々 「鳥の巣」

コメントは受け付けていません。