逆の峯入

 
ぎゃくのみねいり
初秋
 
 
逆峯/秋の峯入
 
 
修験道の山伏が、大峰山に奥駆け修業をするコースの一つで、吉野から大峰に入り、熊野三山に出る。三宝院醍醐寺派により秋の 七十五日を要した。逆峰は金剛界から胎蔵界にはいることといい、極楽より地獄への道として、険山難所を歩く厳しい行である。

山霧や宮を守護なす法螺の音
太祇 「太祇句選」

峯入の笠もとらるゝ野分かな
許六 「笈日記」

峯入は皆柿道人とや申す
石井露月 「露月句集」

桜にハ来ぬいひ立てぞ逆の峯
言水 「二番船」

コメントは受け付けていません。