摂待

 
せったい
初秋
 
門茶
 
「七月一日より心ざしのため行ふ」と初学抄にある。陰暦七月、秋風は立ちそめてもまだ暑く片陰が恋しい。寺詣をする人、特に 遍路のために、寺門や往来に摂待所を設け、湯茶や食物を用意し人々の休むにまかせた。細々とした生活用品を提供したり、散髪などの奉仕もあった。

摂待の茶碗ぬす人泪かな
来山 「続今宮草」

摂待や茶碗につかる数珠の総
蝶夢 「草根発句集」

接待や菩提樹陰の片庇
蕪村 「蕪村遺稿」

摂待にきせるわすれて西へ行
蕪村 「落日庵句集」

摂待によらで過行狂女かな
蕪村 「夜半叟句集」

せつたいや古郷へ帰るすまひ取り
几菫 「晋明集二稿」

コメントは受け付けていません。