魂祭

 
たままつり
初秋
 
 
霊祭/玉祭/聖霊祭/聖霊盆棚/盆棚/魂棚/聖霊棚/棚経 棚経僧/掛素麺/苧殻の箸/瓜の馬/茄子の牛/手向け/水向
 
 
七月十二日の草市で買いととのえた品で精霊棚をつくり、祖先の霊を招く。棚を略して仏壇の前に供物をする所もある。みそ萩、枝 豆、瓜茄子等を供え、門火を焚く。僧は各檀家を廻り棚経をあげる。掛素麺は供物のひとつ。瓜茄子の馬は聖霊の乗物。

まざまざといますがごとしたままつり
季吟 「師走の月夜」

棚経や遍照が讃し杖さゝげ
言水 「富士石」

数ならぬ身とな思ひそ魂祭
芭蕉 「有磯海」

玉棚の奥なつかしや親の顔
去来 「韻塞」

遺言の酒そなへけり魂まつり
太祇 「太祇句選」

魂棚をほどけばもとの座敷かな
蕪村 「蕪村句集」

なき父の膝もとうれし魂祭
樗良 「まだら雁」

さし汐や茄子の馬の流れよる
一茶 「享和句帳」

コメントは受け付けていません。