蓮の飯

 
はすのめし
初秋
 
 
荷葉の飯/はすのいひ
 
お盆の時期、生身魂へのもてなしに、蓮の葉に糯米飯を包み蒸し上げる。(古くは、吉祥蘭で括った)また、所により、旬の魚である鯖を添えた。背開きにして塩漬けにし、串にさした刺鯖で、仏に供え、また親類どうし贈答しあった。

文月やめでたく炊ぐはすのめし
季吟 「玉海集」

た命鯖そへけりな蓮の飯
信徳 「五の戯言」

松の葉につつむ心を蓮の飯
支考 「笈日記」

塩魚の塩こぼれけり蓮の飯
白雄 「白雄句集」

蓮の葉に盛れば淋しき御飯かな
一茶 「七番日記」

コメントは受け付けていません。