刺鯖

 
さしさば
初秋
 
 
差鯖
 
 
鯖を背開きにして塩漬けにし、二尾を刺し連ねて一刺とした乾物をいう。盆の間、父母の長寿を祈る祝儀ものとして食し、蓮の飯とあわせ、親類縁者や世話になった人々にも贈った。

生霊は刺鯖喰うて現かな
北枝 「薦獅子集」

さし鯖の仏臭くも哀れなり
五朗 「発句題叢」

表から来る刺鯖の使ひかな
井上井月 「井月全集」

コメントは受け付けていません。