精霊火

 
精霊火/しょうりょうび/しやうりやうび
初秋
 
 
盆火
 
 
迎え火や送り火のように、家庭の門口で焚くものではなく、屋外 におおかがりの火を焚いたり、山上に村全体の浄めの火を焚く行 事。悪霊を払い、魂を迎える意味がある。

コメントは受け付けていません。