薪寺の虫干

たきぎでらのむしぼし
初秋
 
 
八月十五日と十六日、京都府田辺市薪の酬恩庵で行われる曝涼のこと。在所の名の薪寺、一休寺の名で親しい。禅寺建築の模範。虎丘庭園、方丈庭園が名高い。江戸時代の画家原在中の「観音三十三身図」三十三幅を、虫干のため方丈に掛け、一般公開する。

虫干や裏の竹きる薪寺
松瀬青々 「妻木」

コメントは受け付けていません。