めはじき

初秋
 
 
益母草/めはじきぐさ
 
 
シソ科の越年草。高さは五十センチ~一メートルでおもに野原や道端に生える。唇の形をした薄紅色の小さな花をつける。乾燥さ せて産後の止血や月経不順、めまい、腹痛の薬にすることから「益母草」という漢名がついた。

益母草や夜ただ物見る窓の前
清淇 「類題発句集」

コメントは受け付けていません。