刀豆

 
なたまめ
初秋
 
 
鉈豆/たちはき
 
 
熱帯アジア,熱帯アフリカ原産で,日本には江戸時代初期に伝来 した豆科の蔓性一年草。莢が刀・鉈を連想させることからこの名がついた。莢は、長さが三十センチメートル、幅五センチメートルにもなる。夏、白や薄紅色の蝶形の花を咲かせる。若い莢は煮 て食べ、成熟した豆は福神漬けに利用される。近年の研究によって、なた豆は肝腎を強化して、免疫力と病気に対する抵抗力を高 めることがわかってきた。

刀豆やのたりと下がる花まじり
太祇「太祇句選後篇」

なた豆や垣もゆかりのむらさき野
蕪村「夜半叟句集」

コメントは受け付けていません。