迎火

迎火/むかえび/むかへび
初秋
 
 
門火/魂迎えへ/魂待つ/樺火/精霊迎へ/苧殻火/苧殻焚く
 
 
七月十三日(月遅れの場合は八月十三日)の夕方に、祖先の霊を 迎えるために門前で苧殻(麻の皮をはいだ茎)を焚くこと。

迎火や風に折戸のひとり明く
蓼太 「蓼太句集二編」

迎火は草のはづれのはづれかな
一茶 「嘉永版句集」

門火焚き終へたる闇にまだ立てる
星野立子「笹目」

コメントは受け付けていません。