櫨ちぎり

 
はぜちぎり
晩秋
 
 
櫨採/櫨買
 
 
櫨の実から蝋をつくるため、十一月末に熟れた櫨の実を収穫する こと。その蝋は和蝋燭やポマード、織物の艶出しなどに利用された。特に北九州地方で盛んに採取された。

コメントは受け付けていません。