放屁虫

 
放屁虫/へひりむし
初秋
 
 
ヘこき虫/へつぴリ虫/亀虫/三井寺ごみむし
 
 
ホソクビゴミムシ科の甲虫。体長は二.五センチほど。黒地に黄色の紋がある。危難にあうと臭腺から悪臭を放って身を守るので この名がついた。また、カメムシ科の昆虫類も悪臭を放つので放 屁虫とよばれることがある。

御仏の鼻の先にて屁ひり虫
一茶 「八番日記」

放屁蟲主客の間を這ひ行けり
庄司瓦全 「改造文学全集」

放屁蟲貯へもなく放ちけり
相島虚吼 「虚吼句集」

コメントは受け付けていません。