秋の蛍

 
あきのほたる
初秋
 
 
秋蛍/残る蛍/病蛍
 
 
秋風が吹く頃の蛍である。弱々しく放つ光や季節を外れた侘しさが本意。

世の秋の蛍はその日おくりかな
信徳 「口真似草」

死ぬるとも居るとも秋を飛ぶ蛍
乙州 「西の雲」

牛の尾にうたるる秋のほたるかな
成美 「成美家集」

蛍減る秋を浅香の橋作り
乙二 「をののえ草稿」

コメントは受け付けていません。