秋簾

 
あきすだれ
仲秋
 
 
簾の名残/簾外す/簾納む/簾の別れ
 
 
立秋が過ぎてもなお吊られているいる簾のこと。夏を惜しみ懐かしむ心、あるいはしまい忘れられて風に揺れている侘しさがこの季語の本意である。

秋簾木の間に吊りて野点かな
松本たかし 「石魂」

コメントは受け付けていません。