秋の蝶

 
あきのちょう/あきのてふ
三秋
秋蝶/老蝶
 
 
立秋を過ぎてから見かける蝶のこと。春や夏の蝶にから比べるといくらか弱々しい印象を受ける。冬が近なるとその数もめっき り少なくなる。

薬園の花にかりねや秋の蝶
支考 「梟日記」

山中や何をたのみに秋の蝶
蝶夢 「三夜の月の記」

あきの蝶日の有るうちに消えうせる
暁台 「暁台日記」

しらじらと羽に日のさすや秋の蝶   
青蘿 「青蘿発句集」

秋のてふかがしの袖にすがりけり
一茶 「七番日記」

秋蝶の驚きやすきつばさかな
原石鼎   「花影」

コメントは受け付けていません。