飛蝗

ばった/ばつた
初秋

はたはた/きちきち/ばたばた/きちきちばった/殿様ばつた

バッタ目バッタ科に属する昆虫の総称。俳句では飛ぶときの翅の音から付けられたバッタの俗称であるハタハタやチキチキで用い られる。飛翔する音がこの季語の焦点であるからだ。殿様バッタや精霊バッタなど日本には四十種ほどいる。

肩先に泊つてきつちきつちかな
一茶 「七番日記」

しづかなる力満ちゆきばつたとぶ
加藤楸邨「山脈」

コメントは受け付けていません。