藍の花

あいのはな/あゐのはな
仲秋
 
 
蓼藍の花
 
 
タデ科の一年草。中国より伝わり、染料になる植物として古くから栽培されてきた。草丈は七十センチくらい。八月の終わりから 十月にかけて、茎の頂点に紅色または白色の小花を穂状花序に多数つける。藍染の原料は茎と葉からとる。

島原の外も染むるや藍畠 
嵐雪 「青莚」

コメントは受け付けていません。