だいだい
晩秋
 
回青橙/かぶす
 
 
ミカン科の常緑低木。五月頃白い花を咲かせ、秋に実らせる。実 は最初は緑で、冬に紅黄色に変わる。そのまま次の年の夏まで採 らずにおくとまた緑色になることから回青橙(かいせいとう)という名前もある。こうして、一つの木に新旧の実がなるところか ら「代々」の名がついた。実は酸味が強く苦味があり生食には適 さない。正月の飾りなどに用いられるほか、マーマレードなどにも利用される。

葉籠りに橙垂れて夥し
篠原温亭 「温亭句集」

コメントは受け付けていません。