蘆火

 
あしび
晩秋
 
 
刈った蘆を焚いた火のこと。その火で冷えた手足を温めたり、作業する人たちがその火を囲んで、束の間の休憩を楽しんだ。

コメントは受け付けていません。