初日(はつひ) 新年

【子季語】
初陽、初旭、若日、初日の出、初日影
【解説】
一月一日の朝日。初詣とともに古くから、人々は正月一日、山や海から御来光を拝み、その年の幸福と平和を祈った。

*

木に草に麦に先づ見る初日かな
来山 「続今宮草」

菜畠の初日の客となれりけり  
杉風 「続別座敷」

しづかさの鍬にさし入る初日かな 
蓼太 「蓼太句集初編」

日の光今朝や鰯のかしらより  
蕪村 「蕪村句集」

ふるさとの伊勢なほ恋し初日かげ
樗良 「樗良発句集」

隈もなき五尺の庵やはつ日影 
闌更 「此まこと」

土蔵からすぢかひにさすはつ日かな
一茶 「八番日記」

大空のせましと匂ふ初日かな
鳳朗 「鳳朗発句集」

初日さす硯の海に波もなし 
正岡子規 「子規句集」

霜とけて初日にけむる葎かな      
村上鬼城 「定本鬼城句集」

我が郷の富士といふ山初日かな
岡本癖三酔 「癖三酔句集」

夢殿の夢の扉(とぼそ)を初日敲(う)つ
中村草田男 「中村草田男全集5」

コメントは受け付けていません。