山椒の実

sannsyounomiさんしょうのみ/さんせうのみ
初秋
蜀椒/実山椒/はじかみ
【解説】
山椒は、ミカン科サンショウ属の落葉低木。四、五月ごろ開花しそのあと雌株が実をつける。実は四ミリくらいで最初は青く、青山椒として利用される。秋になって赤く熟し、裂くと黒い種が出てくる。皮や種は香辛料に使われる。
【科学的見解】
山椒(サンショウ)は、北海道から九州までの低山地に自生する落葉低木である。サンショウの果実は、鳥によって種子散布される。近縁種としては、イヌザンショウやカラスザンショウなどが存在する。(藤吉正明記)

山椒をつかみ込んだる小なべかな
一茶 「享和句帖」

コメントは受け付けていません。