藪枯

yabukarasiやぶからし
初秋
貧乏蔓
【解説】
ブドウ科ヤブカラシ属の多年生蔓性植物。山野から市街地にいたるまでいたるところに自生する。花は粒状で淡緑色。藪を枯らして繁茂することからこの名がついた。地下茎を伸ばして増える。
【科学的見解】
藪枯(ヤブカラシ)は、北海道西南部から沖縄にかけて広く分布する多年草である。果実はあまり見られず、ちぎれた根茎をもとに分布を広げている。葉は複葉となり、鳥足状につくのが特徴である。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。