竜胆

rindou 
りんどう/りんだう

仲秋
 
笹竜胆/竜胆草/蔓竜胆/蝦夷竜胆/御山竜胆/朝熊竜胆/深山竜胆
 
 
リンドウ科リンドウ属の多年草。本州、四国、九州の山野に広く 自生する。草丈は二十センチから一メートルくらい。葉は対生し、 縁にざらつきがある。九月から十月にかけて、茎の先端や葉腋に 青紫の花を咲かせる。根茎は薬用になる。秋の山を代表する花で ある。   

竜胆の花かたぶきて殊勝さよ
路通 「きさらぎ」

りんだうや枯葉がちなる花咲きぬ
蕪村 「夜半叟句集」

竜胆のとがりてつよき匂かな
蓮寸 「はたけせり」

好晴や壺に開いて濃竜胆     
杉田久女 「杉田久女句集」
rindou

コメントは受け付けていません。