綿取

 
わたとり
三秋
 
 
綿取る/綿の桃/綿摘む/綿摘/綿干す/綿繰/綿打/綿打弓/綿弓/綿初穂
 
 
綿の実から綿の繊維をとること。棉は、その実が熟すと裂けて綿の繊維を吹き出す。これをとって綿と種とに分け、さらに不純物を取り除き、綿糸の原料にする。

国富むや薬師の前の綿初尾
鬼貫 「犬居士」

綿弓や琵琶に慰む竹の奥 
芭蕉 「野ざらし紀行」

生綿取る雨雲たちぬ生駒山
其角 「陸奥鵆」

山の端の日の嬉しさや木綿とり
浪化 「草苅笛」

綿取りや犬を家路に追ひ帰し
蕪村 「落日庵句集」

綿とりのうたうて出たる日和かな
蝶夢 「草根発句集」

門畑や下駄はきながら木わた取 
樗良 「几董日記」

洪水のあとに取るべき綿もなし 
正岡子規 「新俳句」

コメントは受け付けていません。