龍田姫

 
たつたひめ
三秋
 
  
春をつかさどる佐保姫に対して、秋をつかさどるのは竜田姫である。平城京の西にある竜田山を秋の女神にたとえたもの。「竜田姫たむくる神のあればこそ秋の木の葉の幣と散るらめ」(兼覧王) と古今集に詠まれたように、紅葉にかかわる女神でもある。

思ふままに松のみ染ます竜田姫 
三敲 「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。