木賊刈る

 
とくさかる
仲秋
 
  
木材や器を磨くのに用いられる木賊を刈り取ること。木賊はトク サ科の常緑多年草羊歯植物で山野の湿地帯に自生するほか、その青々とした姿がめでられて庭にも植えられる。茎の充実した秋に刈り取られる。

ものいはぬ男なりけり木賊刈り
蓼太 「蓼太句集二編」

コメントは受け付けていません。