野葡萄

nobudouのぶどう/のぶだう
仲秋
蛇葡萄
【解説】
ブドウ科の落葉蔓性低木。山野に自生するほか道端の生垣などにも絡まる。七~八月頃、淡黄緑色の小花を咲かせたあと秋に実を結ぶ。熟すと白や紫や青緑色になるが、食用にはならない。
【科学的見解】
野葡萄(ノブドウ)は、北海道から沖縄の山野にふつうに見られるつる性の植物である。葉の形に変化が多いのが特徴である。近縁のものとしては、テリハノブドウやキレハノブドウなどが存在する。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。