山粧ふ

 
やまよそおう/やまよそほふ
三秋
山彩る/粧ふ山
 
 
紅葉した山の姿を、「粧っているようだ」とたとえた言葉。みごとな紅葉山は、まさに金繍を身に纏ったかのようである。

コメントは受け付けていません。