宵の年

 
よいのとし/よひのとし
新年
 
 
初昔
 
 
新年になってから、旧年振り返ること。ただし、本来は大晦日の夜を指す言葉である。「初昔」とは新年になってから旧年を指す言葉。

高砂や去年を捨てつつ初昔 
鬼貫 「七車」

コメントは受け付けていません。