ねんねこ

nenneco
三冬

ねんねこ半纏/亀の子半纏/子守半纏

幼児をおんぶするときに着る防寒用の綿入れ半纏。赤ん坊を江戸 時代に「ねんねこ」といったこと、また幼児語で眠ることを「ねん ね」というところからこの名があるという。広袖、広襟で、はでな柄で仕立てることが多い。背負うものも背負われる子もともにあたたかい。

父一人ねんねこを負ひ山を負ひ
中村草田男 「中村草田男全集5」

コメントは受け付けていません。