消炭

けしずみ
三冬
消之炭/浮炭/消燠/火消壺
 
一度熾した薪や炭を途中で火消し壺に入れたもの。比較的やわらかい炭ができる。たくさんつくるときは熾きに水をかけて干すこともある。火つきが早いので急いで火を熾すときなどに重宝する。

消炭に薪割る音か小野の奥
芭蕉 「真蹟拾遺」

消炭に薄雪かかる垣根かな
召波 「春泥発句集」

コメントは受け付けていません。