冬葵

ふゆあおい/ふゆあふひ
初冬
【解説】
アオイ科の多年草。中国原産で古くに日本に渡来、盛んに栽培された。茎の高さは一メートルほどで、春から秋にかけて白や淡紅色の小さな五弁の花を咲かせる。冬にも花が咲くことからこの名がある。
【科学的見解】
冬葵(フユアオイ)は、日本に帰化し各地の海岸などに生育している。かつては、薬用植物として栽培されていた。朝鮮半島や中国では若苗を食用とするそうである。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。