氷魚

 
氷魚/ひうお/ひうを
三冬
 
 
ひを/氷魚汲む
 
 
琵琶湖、宇治川、田上川に産する鮎の子。体長は二~三センチで 半透明の白色をしている。晩秋に産卵。孵化後一、二ヵ月を経た 稚魚を冬、網代や掬い網で獲る。味は白魚より淡白とされる。
遠山にうごかぬ雲や氷魚取
松婦 「田毎の日」
月影の砕けては寄る氷魚かな
松笙 「類題発句集」
氷魚くへば瀬々の網代木見たきかな 
松瀬青々 「松苗」

コメントは受け付けていません。