猟人

 
かりうど
三冬
 
猟夫(さつお)/猟人(りょうじん)/またぎ
 
猟を仕事とするひと。東北地方ではまたぎともいい、熊や猪、魚や鳥などをとった。今はこれを職業とするひとは減って鴨、雉子、山鳥など野鳥を撃つ遊猟が多い。

コメントは受け付けていません。