厚司

 
あつし
三冬
厚子
 
山野に自生するおひょうという木の繊維の糸を織ったもの。手ざわりは荒いが丈夫な布で、アイヌ人が平常着としていた。「あつ し」はアイヌ語でおひょうのこと。明治の頃、大阪南部で作られた厚地手織のことも厚司といった。

コメントは受け付けていません。