豆撒

 setubun
まめまき
晩冬
年の豆/鬼打豆/豆打/鬼の豆/年男/年女/福豆/年取豆 豆はやす/鬼は外/福は内
 
節分の夜、神社や寺院、家庭で豆を打って鬼を追い払う行事。炒 った大豆を用いる。神仏に供えた豆を「福は内、鬼は外」と囃し ながら撒く。豆を撒くのは年男で、その年の干支、あるいは厄年にあたるものがつとめた。撒いたのち、自分の年の数だけ豆を食べる風習もある。

つつみ紙も余慶やまれのとしの豆 
重頼 「桜川」

赭丹ぬりの鬼もしらめよ除夜の豆
惟中 「俳諧三部抄」

豆音も聞かぬ藁屋に是や此 
嵐雪 「続山彦」

豆をうつ声のうちなる笑ひかな
其角 「五元集拾遺」

今ここに團十郎や鬼は外
其角 「五元集拾遺」

年かくすやりてが豆を奪ひけり
几董 「井華集」

煎豆の福が来たぞよ懐へ
一茶 「七番日記」

三ツ子さへかりりかりりや年の豆
一茶 「八番日記」

年の豆我が盃中に落ちにけり
相島虚吼 「相島虚吼句集」

喪の家や埃にまじる年の豆
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。