熊祭

 
くままつり
三冬
 
 
熊送/贄の熊/神の熊/カムイオマンテ/イオマンテ/花箭(はなや)
 
 
熊を神の使いとするアイヌの人々が行う祭で、神から肉や毛皮をいただき、その魂を神の国に返すという儀式。熊の子を生け捕りにして育て、それを贄とする。祝詞を捧げるなどの儀式ののち熊 を絞殺、首を祭壇に供え、肉であつものをつくり、酒宴を行う。

コメントは受け付けていません。