初凪(はつなぎ 新年

【解説】
元日の風も波もないおだやかな海。元日は漁にでる船もなく海辺は静かでのんびりしている。

*

初凪げる和布刈の磴に下りたてり
杉田久女 「杉田久女句集」

初凪の岩より舟に乗れと伝ふ
川端茅舎 「川端茅舎句集」

縁側のそりくりかへるお初凪
村上鬼城 「鬼城句集」

初凪に島の祠の昼灯
久米三汀 「返り花」

コメントは受け付けていません。