冬尽く

ふゆつく
晩冬
冬終る/三冬尽く/冬の名残/冬惜しむ/冬果つ/冬行く/冬去る/冬の限り/冬の別れ/冬送る

冬が終わること。「尽きる」ということばに、長く厳しい冬がやっと終わるという気持ちが込められている。そして、もう間もなく訪れる春を、こころ待ちにする喜びが滲む。

障子あけて部屋のゆとりを冬惜しむ
富田木歩「定本木歩句集」

コメントは受け付けていません。