紅葉散る

もみじちる/もみぢちる
初冬
散紅葉

美しく紅葉した葉も、冬の訪れとともに色褪せ、やがて冬の風に散っていく。水分が飛んで軽くなった葉は、北風に軽々と飛ばされる。散り敷いた紅葉に霜が降り、静かに冬は深まっていく。

たふとかる涙や染めて散る紅葉
芭蕉「笈日記」

行きあたる谷のとまりや散る紅葉
許六「目団扇」

雲早し水より水に散るもみぢ
紫暁「松のそなた」

こやし積む夕山畠や散る紅葉
一茶「享和句帖」

ぬり樽にさつと散たる紅葉哉
一茶「一茶句帖」

葉散る岡の日和や除幕式
正岡子規「子規句集」

コメントは受け付けていません。