冬蕨

ふゆわらび
三冬
冬の花蕨/寒蕨/花蕨/日陰蕨/常蕨

学問上の名は「フユノハナワラビ」。山野の草地にみられ、夏は 枯れて、冬になると高さ三十~四十センチになる。二種類の葉の 一つは普通の栄養葉、他は先に黄色い粟粒状の胞子をつける実葉となる。これが花のように見える。

コメントは受け付けていません。