神迎

かみむかえ/かみむかへ
初冬
神還

出雲大社へ参集していた神々が会議を終えてもとの社へお帰りに なる。それを迎える祭事、行事。陰暦十月末か十一月一日とする ところが多い。田の神が冬の間は山に帰るとする古い信仰が原型 といわれる。

水浴びて並ぶ烏や神迎へ
一茶「九番日記」

暗に踏む木の葉かわくや神むかへ
野坡「野坡吟草」

神迎水口だちか馬の鈴
酒堂「猿蓑」

コメントは受け付けていません。